« 洋上のアルプス | トップページ | お座敷のある図書館(掛川市) »

2008.12.22

さっさきの湯(富山県氷見市)

0812sassaki02
氷見の地元の皆さんが憩う天然温泉。
朝9時からの営業と嬉しい(夜9時まで営業)。
少しぬるっとしたナトリウム−塩化物泉で湯温がやや高めも
お気に入りである(入浴料は370円)。

一方、晴れた日には富山湾に浮かぶ立山連峰を見ながら
湯につかるのも最高!である。
国道160号線沿いにあるラ・セリオール(仏語でブリ)の
お風呂(入浴料400円)はまさに絶景の湯。
露天風呂もあり立山連峰から白山まで見渡せる。

0812himi02

氷見といえばブリ。
今年はまだ高めとか。
氷見魚市場の2階にある食堂「海寶」からブリのセリの様子。
この食堂は市場が開かれている日は朝5時半からの営業だ。

Syoumei

JR氷見駅内の観光案内所で「今朝、朝日を見ました」と申告すると
コースター型の朝日感動証明書なるものが交付してもらえる。

|

« 洋上のアルプス | トップページ | お座敷のある図書館(掛川市) »

温泉」カテゴリの記事

コメント

山ちゃん
なんと、大賑わいのせりの様子。伝わってくる様ですね。
朝ごはんも、市場はおいしい所があるんでしょうねぇ。
ブリの刺身おいしそう! ぶりのしゃぶしゃぶもいいですねぇ。
さて、山ちゃんは、温泉につかって、何を召し上がったんでしょう?!

投稿: ritsuconcon | 2009.01.13 21:38

ritsuconconさん、今年も食いしん坊におつきあい戴きありがとうございますhappy01
はい、さっさきの湯で朝風呂を頂いたあと、氷見市内のスーパーでわずかですが地物のブリを購入して雨晴海岸で昼食としました。前夜は能登立山シーサイドラインで車中泊。海を眺めながら甘エビ、こうばこ(ズワイガニの雌)、がんど(ブリの手前)と地酒で盛り上がってしまいました。今年もおいしいものにありつけますように。

投稿: 山ちゃん | 2009.01.14 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14455/43494781

この記事へのトラックバック一覧です: さっさきの湯(富山県氷見市):

« 洋上のアルプス | トップページ | お座敷のある図書館(掛川市) »