食いしん坊万歳

2020.01.27

道の駅「やいた」の内川そば

Uchikawasoba2001
初めての高校山岳部OB会による焚火キャンプ大会を
矢板市の城の湯キャンプ場で開催した。
キャンプを終え城の湯で入浴。
昼食をこの入浴施設でもと考えたものの
キャンプ場近くの道の駅の「農村レストラン つつじ亭」でとることに。
名物そばは地元矢板市産の玄そば100%
確かに旨いそばです!
ほかのメニューも人気なのかレストラン内は結構混んでいました。
Kanzake2001
前夜は農口・冬の燗酒で焚火酒宴。

| | コメント (0)

2020.01.16

伊予名物 元祖鬼板煎餅

Oniita01
こちらも道の駅「広見森の三角ぼうし」で購入した
鬼関連名品。
西条で約100年の歴史があるという鬼板せんべいで
西条市大町の三谷鬼板本舗さんの
第21回 全国菓子大博覧会名誉金賞受賞の逸品。
袋の裏には
「伊予名物 元祖 鬼板
若き貴方も老ひ人も 空手チョップの音高く
 先ずは召しませ試しませ 人呼びまねく風味薫り
 霊峰石鎚伊予の国
 その名も高き土産品 広がる名声遠くまで
 伊予の名物鬼板せんべい
御愛顧あって末永く御吹聴こそ願はしき
    店主 敬白」とあります。
黒ゴマと西条産の青のり版の2種が入っていました。
Oniita02
一般に市販されているものは「石鎚山」の焼き印が押されていますが
ここの道の駅で購入したものは「鬼王丸」でした。
俳句県に捧げる一句できました。
鬼北(鬼来た)に 鬼嫁来る 伊予の旅

| | コメント (0)

2019.12.12

立ち食いそば「絆」再び

Ban191201
5年ほど前に当ブログでも紹介した地元は江戸川区の立ち食い蕎麦屋さん
その後しばらくお店を閉めていたり、
最近でも開いていたり閉まっていたりでしたが、
久しぶりに朝の散歩がてらに立ち寄ってみました。
かつては早朝5時から営業でしたが現在は6時~
また前は椅子も見当たりませんでしたが現在は折りたたみの椅子が
壁にうまく配置されています。
Ban191205
本日の替わり蕎麦「柚子切りそば」をいただきました。
Ban191202
冬の朝 一杯の蕎麦で 暖まる

Ban191203

Ban191204

| | コメント (0)

2019.11.11

カネヒコ森田さんの新節

Shinbushi01


創業1943年の森田鰹節店さんの新節です。
新節は本枯節と生利節の中間の乾燥具合の商品で、半生タイプと
パッケージにもあります。
本枯節に比べると魚の風味が強くアジも濃厚です。
さっそく冷奴に。
Shinbushi03


 


Shinbushi02


ほうれん草とあえてみました。
Magurobushi04

| | コメント (0)

2019.11.08

削りまぐろかまぼこ

Magurobushi01

まぐろ節というのを聞いたことはありますが
そんなマグロの土佐・珍味・こんまい版です。
キハダマグロが使われていますが雰囲気はソーセージの
ようでもあります。
Magurobushi02

前出「道の駅・南国風良里」で調達。
酒がすすみます。
Magurobushi03

| | コメント (0)

2019.10.06

蛍米(JA小松市)

Hotarumai02

先月、小松市の粟津温泉・おびし荘でいとこ会を開催
朝食に出された地元の新米があまりにも美味しく
思わず5はいもおかわりしてしまいました。
そこで姉に頼んで取り寄せ。
蛍米(ほたるまい)コシヒカリはJA小松市オリジナルブランド米
1998年から販売されている「ふるさとの味」だそうです。
イオンモール新小松にあるJAのお店「えちゃけな」では
蛍米を計り売りしてくれるのでありがたいです。
Hotarumai01

さっそく自宅でも届いた蛍米で夕餉を。
やはり旨いです。

| | コメント (0)

2019.10.05

あん子 まめの子 元気な子

Itaminerikoshian01

Itaminerikoshian02

創業昭和2年の老舗のあんこ屋さん
米子の板見製餡所のこしねりあんです。
朝食のホットサンドにしてみました。
コーヒーにも牛乳にも好く合います。
Itaminerikoshian03

Itaminerikoshian04

| | コメント (0)

2019.10.03

たねかぼちゃ

Tanekabocya01

松江市東出雲町の松崎製菓さんの国産小麦粉を使用した駄菓子です。
第24回全国菓子大博覧会(2002年くまもと菓子博)で
栄誉大賞を受賞した銘品でもあります。
独り占めしたくなるようなくせになるせんべいです。
Tanekabocya02

かぼちゃは鳥取県内の道の駅で購入したものです。
Tottorikabocha

鳥取で購入した南瓜はサラダに
Tottorikabocha2

 

| | コメント (0)

2019.09.30

姫鳥ファームさんの赤ピーマン

Akap01

今年6月末に新規オープンしたばかりの
道の駅「道の駅 西いなば気楽里」(鳥取市)で購入。
Akap03

若鶏の手羽肉バジルソテーと一緒にいためてみました。
Akap04

玉葱と一緒にサラダにも。
Akap02

 

| | コメント (0)

2019.09.26

フジジンのおさしみ醤油

Fujishin01

台風が近づくという予報の中、長年の夢であった隠岐の島に渡った。
昔取った杵柄で天気図を読み続け、
隠岐の島での日程を全て半日前倒し。
これが功を奏し帰りの高速船は欠航に見舞われたものの
臨時便の大型船で揺られながらも無事本土に戻ることができた。
なにより短い隠岐の島滞在とはいえ
満足感に満ちた旅を終えられたことに感謝したい。
さて前置きが長くなったが隠岐の島での夜
夕食にホテルのお奨めの居酒屋がうまく見つけられず
風雨が強まる中、えいやっと入ったお店が大当たり。
大将と女将さん?だけで切り盛りしているこじんまりとしたお店で
地魚の刺身盛り合わせを注文。
大将の包丁さばきに見とれながら大将との相撲談義も進み
隠岐誉のお銚子も3本と進む。
新鮮な地魚の数々を堪能する中、刺身醤油の旨さに
銘柄を訪ねるとフジシンのさしみ醤油という。
本土に戻り米子のスーパーでさっそく購入。
鳥取か島根の醤油と思いきや明治16年創業の
大分県臼杵市の富士甚醤油株式会社さんの醤油。
購入してきたのは「甘露」でさっそく
甥っ子が送ってきた石川の昆布締めとハマチで一献。
Fujishin02

オクラと鰹節にこのおさしみ醤油。
酒が進みます。
Fujishin03

| | コメント (0)

より以前の記事一覧