呑ん兵衛万歳

2019.11.20

萬歳楽「白山」と白山本地堂のみほとけ

1911hakusan01
先日、高校山岳部の同窓会が京都で開催。
故郷から参加した先輩の話では冠雪した白山を眺めながら
車を走らせてきたという。
そんな新雪を頂いた白山を想いながらの一献はずばり
萬歳楽「白山」(白山市鶴来の創業1716年の小堀酒造さん)。
「森の吟醸蔵白山」で、秘伝酵母を用い醸し出された逸品。
10月末放送のNHKスペシャル
「天皇が創った至宝~正倉院宝物が伝える“日本誕生”」では
天理大学雅楽部が舞楽「萬歳楽」を舞う場面が見られ
ちょうど白山比咩神社のお神酒でもある「萬歳楽」が
恋しくなっていたばかり。
Oyoyppostcard
オヨヨ書林で購入した白峰の「白山本地堂」を眺めながら
この純米大吟醸を堪能しました。

銅造十一面観音菩薩座像
(主峰・御前峰の現・白山比咩神社奥宮鎮座の位置に安置されていた)
木造薬師如来坐像
(旧・市ノ瀬温泉の薬師堂に安置されていた)
銅造地蔵堂菩薩座像
(白山山頂近くの千蛇が池ほとりに安置されていた。 
 白山権現を信仰する奥州藤原氏第3代当主、藤原秀衡が
 1183年、池の傍ら鋳奉ったとの伝承)
銅造十一面観世音菩薩立像
(国指定重要文化財)
聖観世音菩薩坐像
(別山に安置されていたもの)
銅造阿弥陀如来坐像
(大汝峰の奥之院に安置されていたもので
背銘には勝山城主・小笠原長貴とあり)
木造泰澄大師座像
(弥陀ヶ原の御前室堂に安置されていた)
白山本地堂
(1869(明治2)年の神仏判然令により、諸仏や仏器の一部が
市ノ瀬に下山され、白峰の白山本地堂に安置となった)

の以上8葉のポストカードが収められており
これらを眺めながら至幸の時間を過ごしました。

| | コメント (0)

2019.11.15

久々に「醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦」

Kamosibitokuheji191101

2017年6月に紹介しました逸品ですが
山仲間が私のブログを見て美味しかったと
同じ銘柄を持ってきてくれました。
おかげさまで久々にEAU DU DESIR(希望の水)を。
うーん、ワインでしょ。相変わらず美味しいです。

山が取り持つ縁、お酒が取り持つ縁、感謝です。
Kamosibitokuheji191102

和食に好く合います。
Kamosibitokuheji191103

母や浅川マキの生まれ故郷・美川(現白山市)のふぐの糠漬けなどとともに。

| | コメント (0)

2019.11.14

酔鯨・特別純米酒

Suigei02

「土佐の鯨は大寅で~♪」で始まる柳ジョージの
「酔って候」という歌が好きだ。
自称「鯨海酔候」土佐藩主、山内容堂を歌ったらしいが
(NHK大河ドラマ「竜馬伝」で容堂を演じた近藤正臣の
好演も光っていた)
このお酒も容堂にちなみ命名されているとか。
「土佐鶴」「司牡丹」ほか高知の清酒には魅力的なものが多い。
めっきり秋も深まり鍋の季節が到来。
久々に「酔鯨」の熱燗がのみたくなった。
Suigei03

ユニクロと酔鯨酒造さんのコラボTシャツ。

| | コメント (0)

2019.11.09

鈴鹿川・純米吟醸

Suzukagawa03

10月に開催されたF1日本グランプリのオリジナル日本酒
久々の枡酒です。
伊勢湾に流れる鈴鹿川は、大海人皇子(のちの天武天皇)が
東国へ向かう途中で、洪水で渡河に難航しているところへ
駅路鈴をつけた鹿が現れ、その背に乗って渡ることが出来たという
伝説から名づけられたといいます。
駅路鈴といえば9月に訪れた隠岐の島の
玉若酢命神社に隣接する億岐家宝物館に現存する駅鈴と同じですね。
駅鈴つながりで私に「鈴鹿川」が届いたことに感謝。
伊勢杜氏のお酒は初めてでした。
Suzukagawa02

億岐家宝物館のチケットに描かれている駅鈴(現物は撮影禁止)

Ekirei

| | コメント (0)

2019.10.01

秋の限定酒「ひやおろし」

2019hiyaoroshi01

北陸朝日放送「農口尚彦の夢造(ゆめづくり)~86歳現役 酒造りの神~」
(2019年9月16日放送)の録画を弟の嫁に頼み視聴。
懐かしい光景に目を細めながら9月に発売された限定酒を開封。
酒造りは「夢造(ゆめづくり)」というその夢の一本を堪能させていただいた。
夢造に関わる風土と多くの関係者
私の手元に届いた夢の一本にも多くの人々が関わっていることに感謝。
秋の観音下を思い浮かべながら盃を進めた。
2019hiyaoroshi02

 

| | コメント (0)

2019.09.27

青柳(隠岐の島)

Aoyagi02

前出の隠岐の島町西郷の港近く
炉辺焼き、お食事の居酒屋さんです。
バイガイ(白バイ貝、エッチュウバイ)、金アジ、ハマチなど
このあとサービスで鯖のお刺身も頂きました。
Aoyagi01

| | コメント (0)

2019.07.05

夏の生酒(農口尚彦研究所)

1907natsuzake


梅雨真っ盛りで豪雨による被害も懸念される昨日今日ですが
ひと足早く夏を頂いてしまいました。
季節限定シリーズの無濾過生酒(酒米は五百万石)です。
アルコール度数16度と若干軽めで夏にすんなり入る
心地よい酸味のある夏酒。
うっとおしー毎日をスキッっと酔わせてくれました。

| | コメント (0)

2019.06.11

正暦寺

Syoryakuji02
奈良の続百名城巡り。師匠のお供をさせていただいたついでに
当ブログでも「炭屋彌兵衛 純米菩提酛 2015」で紹介いたしました
「日本清酒発祥地」「菩提酛創醸地」
菩提山(ぼだいせん)正暦寺(しょうりゃくじ)を
師匠にのん兵衛のわがままを聞いていただき訪ねてきました。

Syoryakuji05

Syoryakuji03

Syoryakuji01

Syoryakuji04

Sumiyayaheibodaimoto01_1

| | コメント (0)

2019.06.03

農口尚彦研究所 令和しぼりたて 無濾過生酒

1905reiwa01


改元直後の5月初旬にしぼったヴィンテージです。
令和天皇、称号浩宮(ひろのみや)といえば私が白山で働いていた
1980年(昭和55年)8月に室堂でお迎えしたことがあります。
生憎の雨でしたが同じ山好きとして爽やかな好感を持ちました。
新緑の季節、新しい御代にふさわしい季節限定酒です
五百万石 100%
1905reiwa02

| | コメント (0)

2019.06.02

農口尚彦研究所 純米 無濾過生原酒 五百万石 2018

Jyunnmaimuroka5002018190501

酒蔵の地元小松市松東地区の「五百万石」を全量使用。
地元待望の逸品です。
昨年は酒米の収穫量が限られていたため県内限定発売だったそうですが
地元農家の協力を経て増産が実現し、
今年は2018年ビンテージとして全国でも販売されています。
フルーティーで爽やかな味とが広がります。
「めんたんぴん」のボーカル佐々木忠平の「梯川純情歌」を
聞きながら一献やっこで傾けましたが
森田観光さんのcover、「梯川」、こちらのギターと歌も最高です!
Jyunnmaimuroka5002018190502_1

| | コメント (0)

より以前の記事一覧