書籍・雑誌

2019.11.07

「鰹節」と「勝男武士」

Katuobushitshirts

椎名誠の「本の夢 本のちから」(新日本出版社)に
紹介されていた宮下章さんの「鰹節 (ものと人間の文化史)」
(法政大学出版局)が面白い。
身近な鰹節がますます大好きになります-
ちょうど高知県南国市の岡豊城跡を訪れた際に
道の駅「南国風良里」で販売されていた
土州魂 土佐藁焼党 勝男武士 必殺一本釣りTシャツを購入。
本著にもありましたように「カツオ」は「勝男」で
縁起がいいんですね。

 

| | コメント (0)

2019.07.28

古書店 オヨヨ書林

Oyoyo01

金沢で暮らした青春時代。
人生の方向が見出せないまま迷いの中にあったこの頃
古本屋巡りを一つのはけ口としていた。
いわば読書に逃げ道と迷いの出口を見出そうとしていた
(今でも遊行の途上ながら)
古本屋巡り。アマゾンやネットとは違うまた実店舗の楽しみは
今でも健在だ。
前置きが長くなってしまったが東京新聞の夕刊に連載されていた
三品 信さんの「能捨(のうしゃ)の書棚」6月19日(2019年)付けに
オヨヨ書林が紹介されていた。
この三品さんが日本でいちばんすきな古書店
オヨヨ書林 長町のせせらぎ通り店に
小松空港に先輩を送った帰路立ち寄ってみた。
ここは1917年(ロシア革命の年、ニコンが設立された年)の建物で
鉄工所、クリーニング店などをへて現在の古書店になったとか?
1冊、買おうかだいぶ迷いましたが結局買わず仕舞
(基本的には迷ったら買う性格ながらも)
8月に再訪してみてまだ在庫としてあったら買うだろな。
今回の唯一の収穫は金沢や石川の古書店案内
昔は古書元車を贔屓にしていましたが、やはりもうないですね。
オヨヨ書林また行きます。
Oyoyo02

8月の帰省にあわせ今度は4番弟子と再訪。
こいつも古本屋好きになることを願って。
Oyoyo03

| | コメント (0)

2019.06.29

星空キャンプ(村上康成)

Alpenkashiwa02

ともすればゲームばっかりで過ごしている
弟子2号と3号を、行って見たいと思っていた
アルペンア・ウトドアーズフラッグシップストア柏店へ連れ出してみました。
ボルダリングに興味をもってくれたりと
それなりの効果がありましたが
自分としては一番嬉しかったことは書籍コーナーでしょうか?
キッズ用の本のコーナーに絵本が並べられており
お気に入りの村上康成さんの作品も。
本当は大人の本としても紹介していただきたいところかな。
私のホームページにも村上康成さんの作品を紹介していますが
「星空キャンプ」以外にも大人子どもを問わずアウトドア関連の本として
お奨めの本が沢山あります。

 

Alpenkashiwa01 Alpenkashiwa03

| | コメント (0)

2019.01.24

「宮本常一とクジラ」と鯨大和煮 缶詰

Kujirabookkomatsu01
小生は小学校の給食にクジラの肉が出されていた世代に属するが
先日の日本がIWC(国際捕鯨委員会)から脱退へというニュースは
複雑な気持ちが正直なところだった。
和歌山や千葉、宮城、高知などでこれまで旅の途中でクジラに関する
場所を訪れたり、C.W. ニコルの「勇魚」ほかクジラや捕鯨についての
書物にも若い頃から触れ、また捕鯨反対派などの声にも耳を傾けてきた。
捕鯨を民俗学的見地や食糧としてのクジラのあり方に関心を持ち続けてきたが、
日本の一方的脱退という手段以外にもう少し
日本人とクジラの関係を国際社会にアピールは出来なかったものかと思い
今、IWC脱退へとの報に触れ本棚の一冊を再び開いてみた。

「宮本常一とクジラ」(雄山閣、2009年)の著者、小松 正之さんは
水産庁漁業交渉官として捕鯨を担当し、長年にわたり日本の水産業に
深く関わってきた方だ。ただ役人として関わってきただけでなく
本著のように日本の捕鯨を水産庁での見識を活かし
宮本常一のフィールドワークそのもののように
民俗学的洞察で深くアプローチしている
今改めて読み返す価値のある一冊。

Marusuikujira
鯨大和煮 缶詰は丸水札幌中央水産のヒゲ鯨赤肉味付(ミンククジラか?)

Muroto04
こちらは2009年9月に訪れたキラメッセ室戸の「鯨館」の暖簾


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.16

「生きて候」(安部 龍太郎 ・著、集英社)

Ikitesourou
「宇喜多の楽土」に登場した正木左兵衛(倉橋長五郎、本多政重)に興味を持ち
先日帰省の際に山の先輩のガイドで大乗寺の本多政重をはじめとする
本多家のお墓周辺を散策してきました。
次回帰省の際は是非、加賀本多博物館
(館長は、本多家15代当主・本多政光とか)にも訪問し
本多政重が関ヶ原の戦いで使用したと伝わる鎧や兜、
槍なども見てみたいものですが、その前に表題の本を耽読。
2度目の前田藩仕官前後からは詳細が描かれていませんでしたが
充分面白く、そしてますます本多政重という
ふるさとにもかかわり深い人物に惹かれてしまいました。
さて「宇喜多の楽土」のところで本多政重と矢野五右衛門重昌
に関心がわいたと記しましたが、もう一人
金如鉄(キム・ヨチョル、脇田 直賢、わきた なおかた)も
忘れていました。いずれ当ブログでとりあげたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.14

「宇喜多の楽土」と大乗寺

Ukitanojyoudo
「流罪の日本史」(渡邊大門・著 、ちくま新書)という新書を読み
宇喜多秀家への興味を強めていた頃
(岡山に先輩諸氏が住んでいることや昨年暮れから息子が
岡山へ転勤となったことも影響しているかも)
宇喜多秀家への造詣が深い城廻りの師匠に
「宇喜多の楽土」(木下昌輝・著 、文藝春秋)という新刊を
紹介したところ、私よりいち早くこの本を入手し読み終えたとお貸しいただいた。
私も夏休みの課題図書として一気に読み終え、
ここからまたいくつかの旅が始まるきっかけを
与えていただくこととなった。

この本を読み興味を持ったのが
正木左兵衛(本多政重)と矢野五右衛門重昌
矢野五右衛門は池田郡白樫村の郷士。
7月に山仲間の同窓会を開いた池田温泉からも近い
現在の岐阜県揖斐郡揖斐川町白樫をいずれ又訪ねるとして
今回はお盆の帰省にあわせて本多政重の菩提寺である
大乗寺を散策してきた。

1808daijyouji01

ありがたいことにこの大乗寺の近くには山の先輩が愛犬とともに
暮らしており(近辺は愛犬との散歩コースとか)
ガイドを快く引き受けていただいた。

私自身若い頃、金沢の本多町に近い場所に住んでいたので
この町名が前田藩の家老の名前に由来するといった漠然な
知識はあったものの、改めて本多政重についておさらいをしてみた。

1808daijyoujihonda01
加賀八家の本多家の墓所は新旧、二ヵ所に分かれている。
案内には最後のあだ討ちの案内も並ぶ。
こちらも本多家と深くかかわりあいがあり
新墓所の手前に十二義士の墓。
1808daijyoujihonda02

1808daijyoujihonda03

1808daijyoujihonda04

旧墓所へ向かう道すがら上杉謙信の能登侵攻で滅亡した
能登七尾の守護畠山氏の墓所の案内も。
1808daijyoujihatakeyama

大乗寺丘陵公園内にある「豪姫公園」には
(喜多秀家の末裔が資財を投じ整備)
宇喜多秀家や秀吉の養女で宇喜多秀家に嫁いだ前田利家の4女・豪姫
そして豪姫の母親・まつの歌碑もありました。
1808gouhimepark01

1808gouhimepark02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.09

道徳といえば二宮金次郎

Sontoku01
3月末、安倍内閣は
「憲法や教育基本法に反しない形で教材として用いることまでは否定されない」と
教育勅語についての答弁書を閣議決定しました。
稲田防衛大臣も
「教育勅語に流れているところの核の部分は取り戻すべきだ」と述べている他
さらに「教育勅語否定 まるで言論統制」と言い切る産経新聞には
あの戦争からの反省は微塵も感じられません。
どうかしているどころかこの感覚に呆れてしまいます。
自民党の船田元・憲法改正推進本部長代行ですら
「教育勅語」を教材で使うことを認めた政府答弁書について、
「いささか違和感を覚える」
「戦前の軍部や官憲による思想統制の道具とされてしまったことは言うまでもない」
「百歩譲って教材に使うとしても戦前の反省から失効したと教えることは最低限求められる」
と指摘しているように政党を超えた良識はさらに声をあげてほしいものです。
なにより「親孝行」とか「友達を大切にする」、「兄弟仲よく」「夫婦も仲よく」などは
「教育勅語に流れているところの核の部分」ではありません。

そんな昨今の動きを読んでか新聞に「道徳といえば二宮金次郎」として
「二宮金次郎の一生」(三戸岡道夫・著、栄光出版)
という本の広告が掲載されていました。
ちょうど3月に城廻りの師匠と共に真岡の二宮尊徳資料館や桜町陣屋跡、
桜町二宮神社を訪れてきただけに、
さっそく出版社には申し訳ありませんでしたが図書館で借りてきました。

これがなかなか。
二宮金次郎といえば母校の小学校の校庭のあの蒔を背負いながら
読書に勤しむ姿が強くやきついていますが
(もしかしたら多くの人もこの印象が強く、今では歩きスマホを連想し
二宮金次郎を教える教育の機会が少なくなっているのではとも危惧してしまいます)
いやいや、二宮金次郎は生活コンサルタントであり
金融から経営までに至る指南役、多彩な実業家であることがわかりました。
道徳以上のものがこの「二宮金次郎の一生」から学べます。

日本の財政再建にも金次郎が参考になります。
地方自治体も国家も、今の日本が行政改革ともいえる分度を立てられるか
多くの政治家や役人に二宮金次郎に触れて欲しいものです。

また道徳を説きながら有事の際は国家のために(天皇のために)命をも惜しむな
とする教育勅語がこの時代に蠢く様には何やら怪しいものを感じざるをえません。
金次郎の「報徳」の教えの中心である「勤労、分度、推譲」の一つの徳目「推譲」は
「世の中のために尽くす」ことですが、
これは戦争遂行のために利用されるようなことがあっては絶対になりません。
為政者は必ずいいます。「平和のための戦争」であると。
その戦争遂行のために「勤労」動員させ、国民に間違った「分度」を強いて
戦場で死ねば神になれると、、、。
いつの間にか「尽くす」「世の中」が別のものにすり替わっているレトリックに
我々は同じ過ちを繰り返してはなりませんね。
国民が為政者や天皇のために「尽くす」のではなく
為政者こそが国民の平和のために「尽くさなければならない」のです。

道徳は憲法にも似ています。
国民に何かを強制するのはなく時の権力の暴走を縛り抑制するのが
憲法であるのと同時に、ことさら「道徳」を持ち出してくる為政者には
「道徳」の先にある教育勅語の核心が見え透いてきます。
「道徳」が必要なのは教育の現場以上に政治家たちではないでしょうか?
「道徳」のみじんも見られない政治家や会社が多すぎます。
金次郎は桜町領の復興再建にあたり
援助金とか補助金とかといってお金を下賜されぬようと
小田原藩主・大久保忠真に願い出る場面がありましたが、
3・11大震災では多額の税金がかきあつめられ
むろんすべてではないものの、この復興予算がほとんど関係ない地域や案件に
国土強靭とか震災関連対策と称してつぎこまれてきた実態や
今も続くこの復興予算に群がる利権者たちの談合を見ると
「基本は仁政じゃな」と金次郎の桜町領の復興再建計画にうなずく
大久保忠真の言葉が重く感じられます。
震災復興もオリンピックもしかり、美辞麗句を並べた主旨の裏側に見え透くのは
「道徳」のかけらもない利権者や政治家、役人の寄生虫のようなおぞましい姿です。
国民に「道徳」を説く前にまずはこの方たちに二宮金次郎を学んで欲しいものです。
声高に「道徳」を叫ぶ為政者にこそ
「道徳」や二宮金次郎の教えが必要なのではないでしょうか?

二宮金次郎なら右翼も左翼もありませんしね。
お役人さん、そんたく(忖度)よりもそんとく(尊徳)読んでくださいね。
小田原藩復興のための分度を最後まで立てられなかった
藩士たちのようなことがくれぐれもないように。
また政活費が生活費や飲食に化けているような政治家には特にです。

さてさてこの4月には日光市に二宮尊徳記念館がオープンした聞きました。
こちらも機会を見つけて訪問したいものです。
1703mooka02
桜町陣屋跡と師匠

1703mooka04
桜町二宮神社

Sontoku02
二宮尊徳資料館で頂いた周辺ガイド(左側黄色)と真岡市のパンフ(右)

何度か利用させていただいております道の駅「にのみや」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.31

絵本「トキジイと太郎杉」

Tarousugi

2014年10月に当ブログで紹介した飯豊の麓は小国町の越後屋さん
ご主人・本間信義さんの従兄弟にあたる千年太郎氏が絵本を上梓した。
本間さんも絵に写真とマルチな才能を発揮していたが血は争えぬ
千年太郎氏もいかんなくその才能を発揮している。
舞台の樽口は越後屋さんの小玉川からは大花山を挟んで山向こうにある。
そういえば先日Eテレの「知恵泉(ちえいず)」でイザベラ・バードを取り上げていたが
このバードは、明治11年(1878年)7月に「十三峠越え」の道を
現在の新潟県関川村から玉川、小国(山形県小国町)を経て
彼女がアジアの「アルカディア」や「エデンの園」と呼んだ
米沢の平野(置賜盆地)に抜けている。
明治11年といえば、西郷隆盛の西南戦争の翌年で
日本で初めて電燈(アーク灯)が点灯したり東京株式取引所が開業と
まだ明治の黎明期ともいえる時期である。
バードがもう少し寄り道をして樽口辺りまで
脚を伸ばしていたら何と表現していたであろうか?
「トキジイと太郎杉」の巻末解説の「樽口村のずい道物語」によれば
樽口村の水を引くずい道が掘られたのは明治22年着工とある。
イザベルが樽口まで脚を伸ばしていたら太郎杉にも会えたわけだ。
現代のバードたちよ、目指せ樽口
そして太郎杉の切り株に行き、根元から湧き出る清水で潤うではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.11

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

Kimuramasahiko1407

「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」
(増田俊也著、新潮社、2011年9月発行)
本書が発刊されたときの新聞書評の時から気にはなっていた。
タイトルに関心が傾いたのかも知れないが
しばらく記憶の片隅に残っていた本であった。
ところが満州事変の首謀者とされる石原莞爾つながりでふと本書を手に取ることに。
これがなかなか惹き付けてくれた。
上下2段組の700ページ、かなりの量であるが読み疲れなどは全く感じられず
久々に読み応えのある好書であった。
ある程度の知識はあるものの決して柔道や格闘技には詳しいわけではなく
力道山や大山倍達、グレーシー一族をのぞけば木村政彦を含め
正直無知な自分ではあったが
牛島辰熊、岩釣兼生、高専柔道、武徳会、拓大柔道と師弟関係や
日本の柔道を見つめ直すいい機会を素晴らしい文章と展開が与えてくれた。
いずれ木村政彦が眠る熊本の大慈禅寺を訪れ、木村政彦を育んだ加勢川の水の酒
「水と伝統の町」川尻の「瑞鷹(ずいよう)」の酒を飲みたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.24

古書 ますく堂

Masukudou01
二十代、たくさんの古本屋さんで本に巡りあう幸せをいただいた。
昨今はめっきり訪れる回数が減ったとはいえ、
古本屋さんや本との出合いは大切にしている。
久々に訪れた池袋の古本屋さん「ますく堂」。
売られている本に店主の一端が見えるような嬉しい世界を持つ本屋さんだ。
Masukudou02

古書 ますく堂→


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧