旅行・地域

2019.08.15

弘法池の水とホオズキの実

Koubouike02


道の駅「一向一揆の里」の「一向一揆歴史館」で開催中の
企画展「賀州三ヶ寺」体制-「幻の本山」山田光教寺-
を見学したあと、久々に近くにある弘法池の水へ
さすがにこの時期には嬉しい冷たさに弟子3号と4号もご満悦
さらにはご近所のおじさんが、ホオズキの実をくれ
私も弟子たちも初めての味に感銘!
食用のホオズキというのがあるんですね。
Koubouike01
Houzuki

| | コメント (0)

2019.08.14

伊根浦漁業さんの干魚

Inetobiuo01


Ineaji01


伊根の旅から帰った翌日、浜頓別に住む先輩夫妻が
北海道へ帰る道すがら訪ねてくれた。
宴会を盛り上げてくれたのが伊根の道の駅で買ってきた干物
こりゃ旨いとお酒と一緒にすすむはすすむは。
もっと買ってくればよかったと後悔しきり。
この干物のために3度目の伊根の理由付けを作らねば。
やっぱ、伊根はいーねー。
Ineaji03
Ineaji02
Inetobiuo02
Inetobiuo03

| | コメント (0)

2019.08.01

伊根町コミュニティサイクル

Inecommunitycycle01

久しぶりに訪れた伊根
前にはこんなありがたいサービスはありませんでしたが
今回利用させていただきました。
伊根町内のサイクルポート(貸出・返却拠点)で
自由に自転車の貸し出し・返却ができます。
サイクルポート
5箇所あるそうです。
男はつらいよ 第29作 「寅次郎あじさいの恋」
また観ますか。
次回は伊根に泊まってみたいものです。
Inecommunitycycle02
Inecommunitycycle03

| | コメント (0)

2019.07.31

転用石

Fukuchiyamatenyouseki

こういう言葉を始めて知りました。
今回訪れた福知山城ではたしかにたくさんの
墓石や灯篭などの石が城の石垣を作るためにかき集められていました。
目的や意図はいろいろあるようですがびっくりするとともに
いかなる時代でも領主、為政者なる者は
庶民、市民から巻き上げる、搾取するものであることが
よく学べます。

| | コメント (0)

2019.07.30

鳥居に惚れた天満神社(丹波市)

Tanbakasugatenmanjinjya01

福知山城から黒井城に向かう道すがら(国道175、176号)
ちらっと見かけて鳥居に一目ぼれ
黒井城(保月城)登山を終え立ち寄ってみました。
なんと茅の輪がお出迎え
Tanbakasugatenmanjinjya02

この日が誕生日の師匠と茅の輪くぐりで
丹波を切り上げ舞鶴を目指しました。
この鳥居、大正は読み取れましたが、、。
兵庫県丹波市春日町野村2158 天満神社
Tanbakasugatenmanjinjya03

| | コメント (0)

2019.07.27

ショウズンバの水

Mitsutani01


当ブログの農口尚彦研究所(3)のところでも紹介した水場ですが
このときはあいにく先客がいて(水場の前の道は細いので
車が一台なんとか停められるものの、それ以上は困難)
水をいただくことは断念したものの
白峰から小松空港へ先輩を送る道すがら、ここを通るルートを
選択し、毎朝のコーヒー用にようやく水を頂戴してきました。
Mitsutani02

| | コメント (0)

2019.07.26

頭脳パン

Zunoupan01

これも中学生時代からの懐かしい味です。
先日、東京新聞に
<食卓ものがたり>勉強の友に ほっとする味 頭脳パン(金沢市など)
という記事が掲載され、一気に記憶が蘇り
帰省したら「頭脳パン」を食べるぞーと駆け巡り
JAグリーン能美 能美の市(石川県能美市粟生町)で購入。

Zunoupan02
大きなチェーンスーパーでは大手のパンメーカーが中心で
全国均一の品揃えのなかにはローカルな頭脳パンはありませんでした。
新聞記事では「石川県を中心に十五の製パン会社やパン店が販売。
クリームや小豆入りなど中身も進化している。」とありましたが
その進化系の1つでしょうか?トロピカル頭脳パンという
食べたことのない頭脳パンに食指が動いてしまいました。

Zunoupan04
なつかしい小松のあづまやさんの嬉しい製品です。

Zunoupan03

新聞記事にあった頭脳粉(ビタミンB1を多く含む
小麦粉だとか)が確かに使われていますね。
この頭脳粉は全国で唯一、金沢市の「金沢製粉」で
製造、販売されているそうです。
あづまやさんのパッケージにあった「頭脳パン連盟」
ネットで検索すると1960年に連盟がスタート。
関東でも「伊藤パン」が関東で頭脳パンを製造販売ともありましたが
見たことがありません。今度伊藤パンを扱うお店で注意してみて見ます。
頭脳パン、奥が深そうです。

 

| | コメント (0)

2019.06.09

吉四六のり

Kicchomunori01

きっちょむ(吉四六)といえば
のん兵衛には言わずと知れた焼酎のブランドですが
別府市内のスーパーで思いがけずみかけて購入したのが
大分県で採れた海苔を摘み取ったまま乾燥させ焼き上げたという
大分の鶴亀フーズさんの吉四六のり
Kicchomunori03

ご飯に


Kicchomunori04

焼きソバに

 

Kicchomunori02

味噌汁に

| | コメント (0)

2019.06.07

岡城跡

Okajyouato01

城巡りの師匠が絶賛し登城を推薦する「荒城の月」の名城です。


Okajyouato02

Okajyouato03

 

史跡保存料として徴収される料金の見返りにいただける巻物がまた秀逸。
Okajyouato04

 

弟子4号にとっては初めての山城巡りとなりました。
Okajyouato05

 

 

| | コメント (0)

2019.06.06

久住老野湧水(竹田湧水群)

Oinoyuusui01

九重へ向かう前に名水百選の1つで水の補給。
車中泊用と山歩き用の水として立ち寄った豊の国名水15選の名水です。
竹田市は名水湧水池がたくさんあるのでありがたいです。
Oinoyuusui02

老野湧水は豊後国岡藩の第2代藩主・中川正久盛公が
当地を訪れた際に祠の下から湧き出でる清水に感嘆し
この地に妙見神社を建てたといわれています。
妙見神社下の岩盤から湧き出で、拝殿の下を流れてくる清水は、
老野地区の生活用水や農業用などに広く利用されているそうです。
Oinoyuusui03

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧