旅行・地域

2019.11.16

当然のことながら高知のスーパーの鰹節コーナーは充実していました

Katuobushi01

今回の高知訪問の一つとして是非かなえたい目標がありました。
鰹節コーナーを覗いてみて高知県民はどれだけ鰹節に
恵まれているかを確認することです。
全国どこのスーパーでも陳列されている花かつおを初め
プレ節®25ミクロンソフトけずり(マルトモ)
氷温熟成マイルド削り(ヤマキ)
糸けずり(マルトモ)
けずり粉(マルトモ)
新節削り(森田鰹節店)
ほんぶし(森田鰹節店)
本枯節パック(森田鰹節店)
混合厚削り(ヤマキ)
新直火焼ソフト削り(マルトモ)
本枯節血合抜パック(ヤマキ)
極味伝承薩摩産本枯節血合抜(ヤマキ)
宗田節(めじか節、森田鰹節店)
などなど、、。
いやはや、なんと豊富なことでしょう。
それぞれの用途とお料理があるということなんでしょうね。
うらやましい限りです。
宝くじが当るようなことがあればこの売り場の全種類を
買ってきたいものです。

小生は単純に湯豆腐に森田鰹節店さんの土佐削りパックを。

Yudoufu

 

| | コメント (0)

2019.11.13

やっぱ「やま」はいけてます

Yama191103

久々の徳島入り。
2017年に紹介しました徳島市の「やま」ですが
一宮神社と一宮城址に向かう前の腹ごしらえにチョイス
セルフうどん・やま、やっぱし間違いありませんでした。
今回も訪れたのは住吉店でとろろぶっかけに
野菜のかき揚げ、出汁巻きたまごで大満足となりました。
Yama191101


 


Yama191102

| | コメント (0)

2019.10.04

玉若酢命神社の八百杉

Yaosugi01

今回の隠岐の島への旅での最初の訪問地が隠岐国の総社、玉若酢命神社です。
境内には樹齢1000年とも2000年ともいわれる
巨大な天然記念物の八百杉があります。
八百杉(やおすぎ)は若狭からたきたという八百比丘尼が
記念に植え、800年後の再訪を約束したことで
八百杉と呼ばれるようになったと伝えられるています。
Yaosugi02

Yaosugi03

この八百比丘尼、ウィキペディア(Wikipedia)では
「日本の人魚」のところに登場し、人魚などを食べて長生きしたといわれ
各地に杉・椿・松などを植えたりした伝説が残る比丘尼です。
(我が故郷・石川県では能登地方に八百比丘尼の伝説が多いようです)
Tamawakasu08

| | コメント (0)

2019.10.02

若桜鉄道「若桜駅」

Wakasaeki01

城廻りの師匠に追随し訪れた若桜鬼ヶ城
登城の前に続百名城スタンプがある若桜駅前バスターミナルを目指しましたが
その「若桜駅」の佇まいに思わず感動してしまいました。
若桜鉄道は旧国鉄の若桜線(昭和5年開通)を引き継いだ
第三セクター方式の鉄道会社ですが
SL(C12-167、石炭を使わず圧縮空気を利用して走行)の運転体験や
手動式転車台の作動体験、水戸岡鋭治氏がデザインを手がけた観光列車の
運行を行うなどとても積極的に鉄道文化を発信している会社です。
Wakasasl

一番のお気に入りは駅の雰囲気、
思わず寅さんがふらっと現れそうな佇まいですが
調べてみるとちゃんと第44作
「男はつらいよ 寅次郎の告白」(1991年)に
若桜鉄道の安部駅(鳥取県八頭町)が登場しているそうですね。
Wakasaeki02

水戸岡鋭治氏デザインの観光列車「昭和」
Showa ちなみに若桜駅前バスターミナルでもスタッフさんから
お城や城下の丁寧な説明をいただいたことにも感謝致します。

 

| | コメント (0)

2019.09.29

水若酢神社の土俵

Mizuwakasu01

隠岐の島への導きを授かるきっかけの一つとなったのが
映画「渾身KON-SHIN」(2012年製作/監督・錦織良成)
この作品の隠岐古典相撲の舞台となったのが水若酢神社の土俵で
この映画を見て以来、隠岐相撲に関心を持ち隠岐の島への旅を模索。
そしてようやくそのねがいが叶い土俵を訪れることが出来ました。
あいがたいことです。
Mizuwakasu02

Mizuwakasu03

20年に一度しか行われない遷宮奉祝記念の奉納相撲大会に
今度は行ける事ができるでしょうか?
Mizuwakasu04

奉納相撲の勝者には土俵の柱が贈られますが写真は
2013年公開の渾身ロケ地記念の奉納柱。
土俵にはシートがかけられていますが餅を二枚重ねた形の
三重土俵と呼ばれる独特の土俵です。

Mizuwakasu05

 

| | コメント (0)

2019.09.28

いただき(ののこめし)

Itadaki01

米子市内のスーパーでこのばかでかい稲荷ずしのような
主に鳥取県西部で愛される郷土料理を発見しました。
大きな油揚げの中に生のお米・野菜を詰めて、
だし汁でじっくり炊き上げているそうです。
「いただき」名前ですが「頂く」という感謝の気持ちを表しているほか
伯耆富士「大山」の頂上に形が似ているところからという説もあるそうです。
大と小がありましたが「大」を購入しました。
Itadaki02

 

| | コメント (0)

2019.08.15

弘法池の水とホオズキの実

Koubouike02


道の駅「一向一揆の里」の「一向一揆歴史館」で開催中の
企画展「賀州三ヶ寺」体制-「幻の本山」山田光教寺-
を見学したあと、久々に近くにある弘法池の水へ
さすがにこの時期には嬉しい冷たさに弟子3号と4号もご満悦
さらにはご近所のおじさんが、ホオズキの実をくれ
私も弟子たちも初めての味に感銘!
食用のホオズキというのがあるんですね。
Koubouike01
Houzuki

| | コメント (0)

2019.08.14

伊根浦漁業さんの干魚

Inetobiuo01


Ineaji01


伊根の旅から帰った翌日、浜頓別に住む先輩夫妻が
北海道へ帰る道すがら訪ねてくれた。
宴会を盛り上げてくれたのが伊根の道の駅で買ってきた干物
こりゃ旨いとお酒と一緒にすすむはすすむは。
もっと買ってくればよかったと後悔しきり。
この干物のために3度目の伊根の理由付けを作らねば。
やっぱ、伊根はいーねー。
Ineaji03
Ineaji02
Inetobiuo02
Inetobiuo03

| | コメント (0)

2019.08.01

伊根町コミュニティサイクル

Inecommunitycycle01

久しぶりに訪れた伊根
前にはこんなありがたいサービスはありませんでしたが
今回利用させていただきました。
伊根町内のサイクルポート(貸出・返却拠点)で
自由に自転車の貸し出し・返却ができます。
サイクルポート
5箇所あるそうです。
男はつらいよ 第29作 「寅次郎あじさいの恋」
また観ますか。
次回は伊根に泊まってみたいものです。
Inecommunitycycle02
Inecommunitycycle03

| | コメント (0)

2019.07.31

転用石

Fukuchiyamatenyouseki

こういう言葉を始めて知りました。
今回訪れた福知山城ではたしかにたくさんの
墓石や灯篭などの石が城の石垣を作るためにかき集められていました。
目的や意図はいろいろあるようですがびっくりするとともに
いかなる時代でも領主、為政者なる者は
庶民、市民から巻き上げる、搾取するものであることが
よく学べます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧