« 多摩川ウオーキングフェスタ | トップページ | 黒部市の共同洗い場 »

2008.10.23

らっせいみさと そばの郷

「美濃和紙あかりアート展」「たじみ茶碗まつり」を楽しんだあと
国道19号を脇道にそれ、いくつかの道の駅を訪れた。
恵那市の道の駅「らっせいみさと そばの郷」
ちょうど新そばの季節、名前につられて寄ってみた。
これが大正解!
寄らっせい、見らっせい、食べらっせい、ゆっくりせらっせい
の「らっせい」だそうだが、名前に「そばの郷」をうたう通り
地元のそば粉でつくった正統派の二八そばが堪能できる。
10月のシーズン、まっさかり、お昼時は行列だ。
味もお値段も大満足。
そば打ち体験道場(予約制だそうだが)も魅力的。
農産物直売所には地元のお茶やお米、野菜も売られている。
9月末の日曜日には一日限定80食の「まつたけそば」もあったそうだが
普通のざるでも十分うまい。太鼓判である。天ぷらも凄い!
お持ち帰りの人もちらほら見られる。
書いているうちに思い出してよだれが出てきてしまった。
Misatosoba
写真はざるそば定食。栗ごはんが嬉しい。

|

« 多摩川ウオーキングフェスタ | トップページ | 黒部市の共同洗い場 »

食いしん坊万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: らっせいみさと そばの郷:

« 多摩川ウオーキングフェスタ | トップページ | 黒部市の共同洗い場 »