« まるたや(浜松)の「あげ潮」 | トップページ | 盛岡冷麺「食道園」 »

2009.05.13

バウムクーヘン「珠洲焼の里」

Suzuyaki01
初めて見た時は蜂の巣か、香港の街市(ガイシ)あたりで
みかけるような怪しい南方系の果物かと疑った。
しかしこれが壷の形をしたアップルクーヘン。
陶器の珠洲焼をお菓子の形で表現した能登銘菓だそうで
全国菓子大博覧会で審査総長賞も受賞したとか。
屋号に「おとぎの国」と名のる「メルヘン日進堂」は
創業が大正2年(1913年)の和洋菓子店。
さっそくいただきました。
たしかに疑いも無くバウムクーヘン。
よく煮込まれた甘酸っぱいリンゴとほどよくマッチし
美味しくいただきました。
箱の中には、この壷型のバウムクーヘンにいける造花の椿も
添えられていました。
Suzuyaki02


|

« まるたや(浜松)の「あげ潮」 | トップページ | 盛岡冷麺「食道園」 »

食いしん坊万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バウムクーヘン「珠洲焼の里」:

« まるたや(浜松)の「あげ潮」 | トップページ | 盛岡冷麺「食道園」 »