« すべり台のある銭湯(鳴門市) | トップページ | こがね製麺所(香川県善通寺市) »

2009.09.28

土佐の日曜市

江戸時代から300年以上続いているといわれる高知の日曜市を訪れた。
午前中だけのいわゆる朝市とちがい、夕方まで開かれていることが嬉しい。
車で来る人も多く、近くの駐車場は満車状態だが、路上駐車可能の
エリアもあり、運良く、1台すべりこむことが出来た。
土佐打刃物と呼ばれる刃物を扱う店や骨董店、
もちろん地元の農産物や魚介類を扱う露天、手作りの漬け物を
売るおばちゃん店など、ここにはたくさんの四国がある。
Tosa01
にんにくといえば青森産が有名だが、土佐のにんにくもなかなか。
Tosa02
万次郎かぼちゃ
生命力や収穫性も高く、甘みも強いとか。
Tosa03
街路市の一角のビルに「ひろめ市場」という
何でも高知の代表的スポットがあり、一歩足を中に入れ驚愕した。
まさに異次元世界??
朝から大宴会モードが地元の銘産品店とまざり繰り広げられている。
昼前から大ジョッキや本物の焼酎を老若男女かかわりなく
飲みほしている世界が展開され、高知のエネルギーというか熱気を
感じざるをえない。
車できてなければ、何の抵抗もなく、この空間の一人に
なっていたであろう。惜しい事だった。

落ち込んでいる人がいたらここに行く事を勧める。
死にたいと思ったら、その前にここへ行こう!

しかし、高知の自殺率とやらを調べてみると
高知は年間自殺率で全国ワーストの上位に名を連ねているそうな。
平成16年度、高知の自殺率は全国第4位、19年度も第7位。
よさこいパワーからも信じがたいデータだが、
世の中、そう単純ではないんだね。

尚、ビールメーカー広告の「たっすいがは、いかん!」とありますが
 「たっすい」とは当地の言葉で「弱い」や「物足りない」等の意味のようで
きりっとくるようなビールをアピールしているようです。

|

« すべり台のある銭湯(鳴門市) | トップページ | こがね製麺所(香川県善通寺市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土佐の日曜市:

« すべり台のある銭湯(鳴門市) | トップページ | こがね製麺所(香川県善通寺市) »