« 岡山ラーメン「後楽」(新橋) | トップページ | 園芸用手袋"With Garden Flora" »

2009.11.03

戸越銀座温泉(品川区)

Togoshi01
厳しい経営環境の中でもがんばり続けている
全国の銭湯をいくつか紹介してきたが
今回は仮面ライダーよろしく「へんしーん」をとげた
まるで高級日本旅館のような都内のおすすめスポットで入浴。
40数年前に「中の湯」として創業し、平成19年にリニューアルした
温泉銭湯「戸越銀座温泉」さん。
玄関からして、ん?普通の銭湯?と見間違う
まるでスーパー銭湯か旅館、料亭のような佇まい。
番台に相当するフロント?のおばさんも女将といったところかと
身構えたが、ちゃんと気さくなおばさんで安心する。
Togoshi02
2階が浴室で造りの異なる「月の湯」と「陽の湯」は、
ともに内湯と露天風呂(3階)があり、
これを男女日替わりで楽しめる。
この日は地下300mから湧出する茶褐色の黒湯の「月の湯」に。
見上げればペンキ絵師の中嶋盛夫氏の伝統的富士山がそびえる。
ええで、ええで。
隣の「陽の湯」にはちらりと別の絵がのぞくが
現代美術作家によるもう一つの富士山が描かれているという。
3階の露天風呂もまるで高級旅館の風情があり
これで銭湯料金とは大満足でした。
1階の飲食エリアも十分な広さとメニューを備え
キャパシティーは少なめながら駐車場もあるのが嬉しい。
Togoshi03
Togoshi04
Togoshi05
常連客には嬉しいサービスだ
Togoshi06
銭湯としては申し分のないスペースとメニュー

|

« 岡山ラーメン「後楽」(新橋) | トップページ | 園芸用手袋"With Garden Flora" »

銭湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸越銀座温泉(品川区):

« 岡山ラーメン「後楽」(新橋) | トップページ | 園芸用手袋"With Garden Flora" »