« 一寸亭(ちょっとてい)の肉そば | トップページ | 新浜食堂(塩竃仲卸市場) »

2009.12.01

塩釜水産物仲卸市場

Shiogama00
某経済新聞土曜版の何でもランキング
「冬こそ食べに行きたい漁師町」第7位の
塩竈の市場に足を運んできました(いや胃袋を運んだ)。
どうしてどうして、第1位の氷見と比べても、まったく遜色はありません。
むしろ氷見ではいわゆる築地の場外市場のような
市場ありませんが、この塩竈の仲卸市場は
最も市場と市民が近い関係にある魚市場だと思います。
前置きはさておきとにかくヨダレたらたらのオンパレード。
Shiogama04
塩竃といえば生マグロ!
Shiogama02
Shiogama03
Shiogama05

営業時間は朝3時から、月〜金までは13時迄
土曜は14時迄、日曜祝日等は6時から14時迄のオープンという。
夜中の東北道を走り2時過ぎに市場に着いたら既に
市場は明るく、活気がみなぎっていました。
ちょうど訪れた週末の日曜日は塩釜汁無料サービス(先着800名)。
さらに「焼き炉」の無料利用サービスと嬉しい限り。
これは市場内で買った魚介類を、すぐに焼いて
食べることを可能にしてくれる、まさに暖かいもてなし。
炭火焼きで旨い魚介類がさらに旨くなるというものです。
Shiogama01
これが「焼き炉」
気になっていたかま。市場関係者のものだったが
あとでみんなにふるまってくれました。
やはマグロ。塩竈は近海の天然生マグロの
水揚げ日本一を誇るというだけにやはり生のマグロが最高!
塩釜は人口当たりのお寿司屋さんが最も多いというそうですが
この市場あってのうなずける統計でです。
Shiogama06
たっぷり油の乗ったトロホッケを焼いて食べました
Shiogama07
なお、数々の海の幸にも感激ながら、この市場のトイレが
本当によく手入れされており感激。日頃の清掃活動のみなさんに拍手!
ここのトイレもお気に入りに追加です!!!

http://www.nakaoroshi.or.jp/

|

« 一寸亭(ちょっとてい)の肉そば | トップページ | 新浜食堂(塩竃仲卸市場) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩釜水産物仲卸市場:

« 一寸亭(ちょっとてい)の肉そば | トップページ | 新浜食堂(塩竃仲卸市場) »