« 寄島(岡山県)の海の幸 | トップページ | 伊部天津神社(いんべあまつじんじゃ) »

2010.05.14

シーボルトの湯(嬉野温泉)

Ureshino01
東京から有田まで約1300Kmのドライブの疲れを癒すため
有田近くの嬉野温泉を旅の第一湯に選んだ。
観光協会に電話し、おすすめの日帰り温泉をと訪ねたところ、
おりしも4月初めにオープンしたばかりの 嬉野市の市営公衆浴場
「シーボルトの湯」を紹介していただいた。
1996年に閉鎖された江戸時代からの「古湯」をルーツとする
洋風の外観で、大浴場のほかに貸切風呂や休憩室、展示コーナー、
ちょっと歩いたところに無料の駐車場もあり
嬉野温泉、うれしーのぉ(おやじギャグでスイマセン)。
実際に嬉野の地名の由来も「嬉しいの」だとか。

さて、湯はややぬるめだったが、島根県の斐乃上温泉、
栃木県の喜連川温泉と並んで「日本三大美肌の湯」に選ばれたという、
ぬるりとした湯もなかなかいい湯であった。

Ureshino02
大浴場の湯の注ぎ口には、温泉街の中心部にある「豊玉姫神社」の
「なまず様」をあらわす白なまず。
豊玉姫神社に祀られている豊玉姫は、竜宮城の乙姫様で美肌の神様。
「なまず様」は、その豊玉姫のお使いであり、
「なまず様」を祀ったなまず社もあるとか。
おやじが美肌になってどうすんのといわれるかもしれないが
飲めば胃腸や肝臓等の機能を活性化させる効能もあるとか。
Ureshino03


|

« 寄島(岡山県)の海の幸 | トップページ | 伊部天津神社(いんべあまつじんじゃ) »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シーボルトの湯(嬉野温泉):

« 寄島(岡山県)の海の幸 | トップページ | 伊部天津神社(いんべあまつじんじゃ) »