« 尾道ラーメンvs出雲そば | トップページ | シーボルトの湯(嬉野温泉) »

2010.05.13

寄島(岡山県)の海の幸

Yorishima01
北陸は日本海側の小さな漁村の近くで育った。
家業は漁業ではなかったものの
小さいときは魚ばかりの食卓に嫌気がさしたものだ。
それが齢を重ねることに魚の美味しさ、ありがたみがよくわかり、
西に東に北に南と旅をすれば、市場や魚の豊富なマーケット、
スーパー小売店を覗くのが楽しみの一つとなってしまった。
もちろん覗くだけでなく基本的に自炊の旅であることから
地酒の友に買い求める地元の海産物をいただくことは
まさに旅の喜びとなっている。
さて前置きが長くなってしまったが尾道から備前への道すがら
笠岡市のスーパー「山陽マルナカ」さんで
どっぷりこの楽しみに浸ってしまった。
笠岡市からも近い寄島の瀬戸内海の幸に涎たらたらの世界に陥落。
まずは写真をご覧ください。
Yorishima02

Yorishima03
ねぶと(いしもち)、これをどうやって食べるのかと
思ったが、ねぶとの南蛮漬けというものが売られており
食べてみたいものです。
Yorishima04
も貝(藻貝)というのも寄島の名産とか。
これの佃煮も左党にはたまらんでしょう。
Yorishima05

Yorishima06
驚きは天然はまち。瀬戸内海で「はまち」とはと思いましたが
これがたいへん美味しいものでした。感服です。

寄島には鮮魚直売所「浜のかあちゃん 寄り道」という所もあるそうなので
次回は是非寄島漁港と共に訪れてみたいところです。


|

« 尾道ラーメンvs出雲そば | トップページ | シーボルトの湯(嬉野温泉) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寄島(岡山県)の海の幸:

« 尾道ラーメンvs出雲そば | トップページ | シーボルトの湯(嬉野温泉) »