« パーク&ライド(大津-京都) | トップページ | 萬屋(祇をん)のねぎうどん »

2010.08.13

夏の西明寺

Saimyouji01
2007年の7月に金剛輪寺を参詣して以来
3年ごしで湖東三山をまわることができた。
今年は3月の百済寺(ひゃくさいじ)に続いての参拝。
本来は紅葉の時期がいいのだろうが、
おかげで夏の古刹の朝の訪問客はまばらで、
その分ゆったりのんびりと境内を散策できた。
名勝庭園で涼んだあと国宝の本堂へ。
Saimyouji02
鎌倉時代初期に建立され釘は全く使われていないとか。
御本尊である薬師瑠璃光如来立像は秘仏で拝めないが
(御開帳は住職一代一回限という。
 ただし2006年には湖東三山の各寺で、天台宗開宗1200年を記念し
秘仏本尊の一斉開帳が行われた)
須弥壇の上の日光、月光菩薩の脇待侍や
十二神将(それぞれの干支を頭に載せている)、四天王もなかなかいい。
そのうち寺のおじさんがいろいろ解説してくれ
寅年の今年、特別開帳されている御前立秘仏の虎薬師などを
案内していただいた。この虎薬師と同じように
本尊裏手にある"三尊阿弥陀如来"には驚いた。
寺のおじさんがライトをの如来様のお顔にあてると
別の表情の如来様が現れる。能面と同じ効果を狙った作りに
ただただ感嘆するばかり。寺伝によると安阿弥(快慶)の作とか。
Saimyouji03
本堂をあとに同じ国宝の三重塔(こちらも飛騨の匠が
釘を1本も使用しないで建てたとか)、二天門と参道を下る。
表参道両側の石垣は、穴太積の初期の石垣が保存されおりこちらも必見。
Saimyouji04
二天門の持国夫、増長天
Saimyouji05

Saimyouji06

|

« パーク&ライド(大津-京都) | トップページ | 萬屋(祇をん)のねぎうどん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の西明寺:

« パーク&ライド(大津-京都) | トップページ | 萬屋(祇をん)のねぎうどん »