« 夏の西明寺 | トップページ | 満菜館(鳥取県倉吉市) »

2010.08.14

萬屋(祇をん)のねぎうどん

Yorozuya01

贅沢をしてしまった。
いくら憧れのうどんとはいえ、たかだかうどんに1100円とは。
しかし旨いねぎである。
といってはうどんやお店に失礼かもしれないが
旨さに順番をつければ、ねぎ、だし、うどん麺の順か。
いやいやこの麺こそ京らしさかもしれない。
九条ねぎをふんだんに使った名物のねぎうどん。
生姜が真ん中にどんとあって旨さを引き立てている。
暑い京都の夏にこそふさわしいともいえよう。
Yorozuya02

祇園の舞妓・芸子さんの名前のうちわが
壁に飾られていました。
Yorozuya03

 

 

 

 

 

 

 

|

« 夏の西明寺 | トップページ | 満菜館(鳥取県倉吉市) »

文化麺類学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萬屋(祇をん)のねぎうどん:

« 夏の西明寺 | トップページ | 満菜館(鳥取県倉吉市) »