« 長沼温泉ぽっぽの湯(鶴岡市) | トップページ | 庄内麩 »

2010.10.24

多古米(たこまい)

1010meshi03
出身地が石川県ということもありお米の味には少々うるさい。
(ただの食いしん坊)
これまで北陸や東北のお米の美味しさに慣れていたせいか
今回、千葉の多古米の新米をいただき正直驚きました。
本当に旨いんです。
東京の近くにこんな美味しいお米の産地があるとは。
灯台下暗しか。
多古町のホームページをみると
1、(千葉)県内50町村のうち、2番目に広いの面積を有する多古町では、
 石川県に次いで全国2番目(明治34〜43年)に田んぼの耕地整理が行われました。
2、多古米が作られる土壌もミネラル分が多い粘土質で、米作りには適地です。
3、昭和38年には天皇陛下の献上米に選ばれ、
 昭和46年には札幌で行われた「全国自主米品評会」において、
 食味日本一に輝きました。
4、平成2年に日本の米づくり100選に選ばれています。
5、おいしい多古米は、「おかずのいらない米」と評されています。
とありました。
1010meshi02
最初に食べた時は普通におかずと食べたのですが
2度目は土鍋で炊き、ご飯だけで味わってみました。
うまい飯はそれだけで幸せになれますね。
今回は「千葉に旨い米有り!」でした。
1010meshi04


|

« 長沼温泉ぽっぽの湯(鶴岡市) | トップページ | 庄内麩 »

食いしん坊万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多古米(たこまい):

« 長沼温泉ぽっぽの湯(鶴岡市) | トップページ | 庄内麩 »