« 東北限定黒ラベル | トップページ | 宮城ふるさとプラザ »

2010.12.13

黄楽でシーチキン鍋

Nabe
テレビのCMでシーチキンの白菜鍋とういうのを見て
是非食べてみたいと思った。
どちらかといえばこれまでツナ缶はほとんど食べなかっただけに
CMの力というのは恐ろしい(ただの食いしん坊?)。
使った白菜は黄楽という品種で鳴子温泉近くの道の駅
「あ・ら・伊達な道の駅」の農産物直売所で購入。
この白菜が美味しい。
白菜の中がとりわけ黄色いのが特徴の白菜。
宮城県の野菜は何でも美味しんだと宮城県が故郷の人が言っていた。
ほかはあまり知らないが、この白菜、東京でいつも購入しているものと
明らかに違う美味しさに、本当に宮城県の野菜は旨いんだとうなずいてしまう。
さてこの鍋、水は一滴も使わず白菜の水分と
ツナ缶の汁だけで、しかも手軽に簡単に作れるところが嬉しい。
(食べるときはポン酢を少しかけて)
Kiraku
下の写真は同じ場所で売られていた「たけのこ白菜」
たしかに細長く名前の由来を表している。
生産者の方に聞くとこちらは炒め物、とくに中華によく合うそうな。
Takenokohakusai
冬は白菜だー!!!


|

« 東北限定黒ラベル | トップページ | 宮城ふるさとプラザ »

食いしん坊万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄楽でシーチキン鍋:

« 東北限定黒ラベル | トップページ | 宮城ふるさとプラザ »