« 鎌先温泉文庫(宮城県白石市) | トップページ | 東北限定黒ラベル »

2010.12.07

岩出山おおくぼのかりんとう2

Iwadeyama01
このブログでちょうど1年前に紹介した「かりんとう」
https://yama-chan.cocolog-nifty.com/okiniiri/2009/12/post-ee09.html
今度はその産地?を訪れてみました。
まず塩竈に寄った後、これまで2度一斗缶を購入した石巻のスーパーへ。
え、え、えっ!!なんとこれまでに購入した価格に比べ
50%近く値上げされていました。しかし値上げといっても
ようやく市場価格並になったのかと自分を慰め
いよいよ岩出山に向かいました。
岩出山(宮城県大崎市)は伊達政宗が仙台に移る前まで
本拠をかまえていたところで、JRの岩出山駅には
立派な甲冑も展示されています。
で、目的のかりんとうですが岩出山を紹介する駅前の大きな看板の
「特産品」には堂々「かりんとう」が推挙されており
勝手にここはかりんとうの聖地と決めつけ
「かりんとう」の旅をスタート。
さっそく立ち寄った駅横の農産物直売所には
当然のように一斗缶が鎮座しています。
この農産物直売所には鉄道資料館もあり
鉄分の濃さにも関係なくたいへん勉強になります。
Iwadeyama02

次に駅前から街中に繰り出しますとお菓子屋さんや食品を
取り扱っているお店にはもちろん、なんと酒屋さんの前にも
あの黄金の一斗缶が御光を放っていました。

ちなみに製造元の大久保製菓さんは街中から離れた
羽後街道(国道457)沿いにあり、
聖地の主としては誠に控えめな佇まいにあります。
Iwadeyama03
Iwadeyama04
さてさて、ここからはJAにスーパーマーケットに
道の駅と、黄金の一斗缶をめぐる旅が続きました。
おおくぼのかりんとう、味はシンプルな「ゴマ」と
黒砂糖ベースの「黒ころも」がありますが
一斗缶には「ゴマ」「黒ころも」「ゴマ&黒ころも」の
3種類があるようです。もちろん一斗缶でなくても
400g入りの袋売りなら双方の味が手軽に味わえますね。
Iwadeyama05
尚、道の駅(あ・ら・伊達な道の駅)には大久保さん以外のメーカーの
一斗缶も売られていました。
岩出山では毎年「政宗公まつり」が開かれていますが
是非、「全国かりんとうサミット」なるものも
企画してほしいところです。


|

« 鎌先温泉文庫(宮城県白石市) | トップページ | 東北限定黒ラベル »

食いしん坊万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩出山おおくぼのかりんとう2:

« 鎌先温泉文庫(宮城県白石市) | トップページ | 東北限定黒ラベル »