« 焼肉モリ丼(中華厨房・一番館) | トップページ | マイ・ミニオン(米沢市・香坂酒造) »

2011.01.08

角上のまぐろ丼

Magurodonburi
丼ネタが続きます。今回はあの角上さんのまぐろ丼です。
角上(魚類)さんは新潟の寺泊を本店とするお魚屋さんで
関東にもいくつかあり、私の大のお気に入りのお魚屋さんです。
時折、旬の魚を買い、お刺身用にさばいてもらいますが
(アジのフライなど惣菜もたまらない美味しさです)
これまたネタが新鮮で筆舌に尽くしがたい丼や寿司などのコーナーは
本当に頭がくらくらするくらい食いしん坊を悩ませます。
にぎり寿司にもだいぶぐらつきましたが今日はまぐろ丼です。
分厚いまぐろが周辺を固め中心をあぶらの乗ったトロが
おいおい角上さん、大丈夫かいと思うくらい太っ腹にも
どんと鎮座している丼です。たまりません。
築地でも見られないような重量感のある絶品です。
丼の容器はプラスチックですから中身でこのずしりとするまぐろの
量と品質には、いやいや降参です。今回は川口店で白旗をあげました。
この丼やにぎり寿司などは休日ともなると
売り切れが早いので注意しなければなりません。

ちなみにこの角上さん、新潟の割りにはなぜか阪神ファン。
昨年、タイガースがリーグ優勝に向け、いい位置にいたときには
「阪神半疑半額セール」「阪神が優勝したら全品半額!!売る虎セール予告」
といった張り紙が店先に出ていました。
残念ながらこの売る虎セールは実現しませんでしたが
この角上さんの熱さにも拍手!!です。
なお、角上さんには各地の各種魚介類がありますが
なんと「栃尾のあぶらあげ」や新潟米などもあります。
いやー、近所に角上さんがあったらと思うと
空恐ろしくなりますね。

1月12日の追記です。
昨夜「ガイアの夜明け」で角上魚類さんが取り上げられていました。
社長へのインタビュー。社長室に阪神の旗とメガホンが飾られていましたね。

|

« 焼肉モリ丼(中華厨房・一番館) | トップページ | マイ・ミニオン(米沢市・香坂酒造) »

食いしん坊万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 角上のまぐろ丼:

« 焼肉モリ丼(中華厨房・一番館) | トップページ | マイ・ミニオン(米沢市・香坂酒造) »