« 南蛮エビ | トップページ | 山中鹿介ゆかりの城ざけ  »

2012.05.25

大吟醸 越の雄町

Koshinoomachi01_2
愛子撰抜酒と同じく山歩き仲間からの頂き物で
新潟は長岡の美の川酒造さんの、めったに口はできない大吟醸。

「雄町」(備前雄町米)は酒米の先祖とも言われています。
明治41年岡山県の奨励品種となった酒米で、
山田錦や五百万石などの優良品種が生まれたのも
優秀な酒造好適米の交配種として「雄町」が親となってきた功績です。
現存する酒造好適米の約2/3の品種が雄町の流れをくむそうです。

「雄町」は丈が長くて倒れやすく、
病気に弱いということで栽培が難しい半面で
心白(しんぱく、米粒の中心部の白色不透明部分)の大きさや
吸水率、糖化率の高さ、粗蛋白や無機質が少ないことで
高精白の吟醸造りに適しているそうです。
(美の川酒造さんのホームページやウィキペディア参照)

この種籾は入手が非常に難しい門外不出の酒米であった為、
幻の酒米とも呼ばれていたそうです。
美の川酒造さんでは苦心して入手した「雄町」ですが
本来は晩生の品種で収穫時期が遅く、
秋の短い新潟では栽培が難しいとされていた中、
地元長岡で栽培収穫することに成功し銘酒を醸し出しています。

しかも全国新酒鑑評会で「越の雄町」は平成13年から
3年連続で金賞を受賞していますが、これまで多くの受賞作が
山田錦を用いた大吟醸の中にあって、山田錦以外での
金賞受賞はまさにあっぱれです。
Koshinoomachi02
さすが大吟醸、箱も立派で
美の川酒造の社長の手紙が入っていました。

|

« 南蛮エビ | トップページ | 山中鹿介ゆかりの城ざけ  »

呑ん兵衛万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大吟醸 越の雄町:

« 南蛮エビ | トップページ | 山中鹿介ゆかりの城ざけ  »