« 大吟醸 越の雄町 | トップページ | 岩船港鮮魚センター »

2012.05.27

山中鹿介ゆかりの城ざけ 

Sirozake
島根に転勤となった息子が家探しの帰りに
お土産として買ってきたカップ酒。
島根は安来市の青砥酒造さんのにごり酒で
西日本のにごり酒を口にするのは初めて。
山中鹿介幸盛は出雲を治めていた戦国大名尼子氏の家臣で
数々の武勇伝をもつことで知られているらしい。
戦国武将マニアの娘のだんなは、このカップ酒を見て
山中鹿介に興味をもったようだが
安来市広瀬町がその山中鹿介幸盛の生まれた地であること以外に
このにごり酒がどんなつながりをもつのか
調べさせねばならない。
父の気に入りそうなカップ酒購入の命に
応えてくれた息子にも乾杯!
同じくお土産のしじみの甘露煮との相性も最高でした。

|

« 大吟醸 越の雄町 | トップページ | 岩船港鮮魚センター »

呑ん兵衛万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山中鹿介ゆかりの城ざけ :

« 大吟醸 越の雄町 | トップページ | 岩船港鮮魚センター »