« 薄皮丸茄子の瓶漬け | トップページ | 流響の里の惣菜(郡上八幡) »

2012.08.14

飛騨金山のニッキかんてん

Gujyou120802
郡上八幡の著名なお土産の一つに
肉桂玉(ニッキの飴玉)というのがある。
肉桂と書いて「ニッケ」と呼び、
肉桂玉すなわちニッキの飴玉とすぐに解釈できるのは
よほどの事情通と思われる。
小生など「肉桂」と見るとなんとなく顔が赤らむような気がするのだが
これは小生だけの偏った妄想なのであろうか?

それはさておき3年ぶりに郡上踊りに参加してきた。
毎夜、会場が変わるので昼間に会場の下見を兼ねて街中を散策。
とあるお米屋さんで見つけたのが肉桂玉ならぬニッキの寒天。
下呂市金山の「さかえや商店」さんの寒天だが
冷やして食べて、まさに夏の味。
Gujyou120801
この築120年の庄村米穀店さんでは写真の麦茶も購入。
お米の他、蕎麦や雑穀なども取り扱い
食いしん坊には眼が離せないお米屋さんです。
飛騨国府産大麦100%使用の「飛騨むぎ茶」(なべしま銘茶)で
にっきの寒天によくあいます。
まさに夏休みのニッキ(日記)となりまいした。


|

« 薄皮丸茄子の瓶漬け | トップページ | 流響の里の惣菜(郡上八幡) »

食いしん坊万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨金山のニッキかんてん:

« 薄皮丸茄子の瓶漬け | トップページ | 流響の里の惣菜(郡上八幡) »