« 正麺vs麺の力 | トップページ | 加賀赤絵展 »

2012.11.24

精選純米酒 天の戸

Amanoto01
最初にこのお酒を手にした時、島根のお酒かと思いましたが
あにはからんや秋田は横手でした。
横手市平鹿町浅舞の浅舞酒造さんで
国学の素養があった創業者柿崎宗光が、
「天の戸は静かに明けて神路山 杉の青葉に日影さすみゆ」
という古歌から名づけたと同社のHPにあります。
天照大神の逸話にちなみ、ラベルやキャップにも勾玉が描かれています。
蔵元のある横手市平鹿町浅舞は横手南西部の穀倉地帯で
美しく豊富な湧き水に恵まれた地域だそうです。
いい米といい水の風土が醸し出す美酒、
当然その成果として数々の鑑評会などで金賞を受賞していますが
今回の純米酒は7月に開催されたスローフードジャパン燗酒コンテスト2012
(主催:スローフードジャパン・酒文化研究所)の
お値打ち燗酒「熱燗」部門において金賞を受賞しています。
浅舞酒造さんは現在すべて純米酒づくりに徹しておられ
精選(旧2級酒)で純米酒で、この旨さは確かに「お値打ち」です!
蔵元が使用しているお米は蔵から半径5キロ以内の減農薬米の
美山錦、吟の精、亀の尾、三郷錦、星あかり、あきた酒こまち等で、
秋田では栽培できない山田錦は使っていないとのことです。
山田錦以外のお米だけで、全国新酒鑑評会の金賞を数々受賞している
驚きの蔵元さんです。
横手は今年5月に「ほっとゆだ」から横手に入り
大曲方面へ抜けましたが、次回は是非、
浅舞酒造さんにおじゃましてみたいものです。
Amanoto02


|

« 正麺vs麺の力 | トップページ | 加賀赤絵展 »

呑ん兵衛万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精選純米酒 天の戸:

« 正麺vs麺の力 | トップページ | 加賀赤絵展 »