« 山中鹿介ゆかりの銘酒 ほろ酔い | トップページ | 六斎市(村上市) »

2013.01.05

「ばたでん」で初詣

あこがれの「ばたでん」で出雲大社へ初詣へ。
そんな夢が実現しました。
当ブログの「SKプラザ(松江しんじ湖温泉)」
https://yama-chan.cocolog-nifty.com/okiniiri/2010/09/sk-23b6.html
でも紹介した一畑電車ですが松江しんじ湖温泉から出雲大社前まで
1日乗車券でゆったり旅を楽しんできました。
Bataden01
往きは3000系(元南海21000系)
Bataden02
サイクルトレインが利用できるのも魅力のばたでん
(ただし大晦日とお正月は不可)
Bataden03

Bataden04
デハニ52、前回出雲大社前駅を訪問したときは有料でしたが
今回は無料で車内の見学ができました。
Bataden10

Bataden05
帰りは2100系(元京王5000系)で。
台車は東京メトロ3000系から流用したものとか。
(京王の軌間は1372mm、ばたでんの軌間が1067mmのため改軌)
Bataden06
こちらも3000系(元南海21000系)ですが、
一畑グループ100周年を記念し、かつての南海カラーとなっています。
(松江しんじ湖温泉駅にて)
Bataden07
出雲大社前駅にはおしゃれなカフェ&レストランが併設されていました。
店内から駅舎内の電車も見えいい感じです。
Bataden08
右は2100系(元京王5000系)ですが
アイボリーに赤いラインの京王塗装で
しかも正月三が日の期間限定でなんと京王電鉄のヘッドマークを
つけて運行していました。
(京王電鉄・富士急行との協同企画で、
同型車両を保有している富士急行でも同期間ヘッドマークを掲出とか)
Bataden09

出雲大社では番内(ばんない)さんにも出会えました。
出雲大社のお正月の行事「吉兆さん」も
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」に少し登場していましたね。
Izumobannnaisan


|

« 山中鹿介ゆかりの銘酒 ほろ酔い | トップページ | 六斎市(村上市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ばたでん」で初詣:

« 山中鹿介ゆかりの銘酒 ほろ酔い | トップページ | 六斎市(村上市) »