« 煙に巻かれた魔法の逸品 | トップページ | カップ・マツノヰ »

2013.05.08

〆張鶴の酒粕

Sakekasusimeharizuru
北陸の出身のせいか冬を中心に寒い日の粕汁が好物である。
都内のスーパーでも酒粕は店頭に並ぶが
あのなんとも干からびた酒粕にはとんと食指が動かない。
やはり北陸の蔵元や酒屋さんで購入する酒粕はものが違う。
先日来、村上の〆張鶴の虜となっているが
酒が旨いのなら当然、その酒粕も逸品であろうと購入。
その推測通りの上物です。
そして「花」で始まり「月」に手を出し
いよいよ「雪」にたどり着きました。
1209yoshikawa
肴町の吉川酒舗さんの美肌母さん曰く
「花」と「月」との間に大きな違いはないが
「雪」以上からは旨さが格段に違うと。
Tamurasenami
こちらもよくお酒を調達する瀬波温泉の「地酒の店 たむら」さん
お店の外観が似てると思ったら上町の田村酒店さんと親戚でした。
たむらさんでは〆張鶴の酒粕で作ったクラッカーも試食できます。
レシピももらってきました。
Tamurarecipe01

Tamurarecipe02


|

« 煙に巻かれた魔法の逸品 | トップページ | カップ・マツノヰ »

食いしん坊万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〆張鶴の酒粕:

« 煙に巻かれた魔法の逸品 | トップページ | カップ・マツノヰ »