« まました温泉(新島) | トップページ | コーガ石の建造物、その2 »

2013.06.20

コーガ石の建造物、その1

新島といえばコーガ石(抗火石)が特産。
コーガ石(学名、石英粗面岩)は浮石黒雲母流紋岩と呼ばれる
火成岩の一種で、スポンジ状の構造を持つガラス質のいわば軽石。
加工のしやすさで、いろんな建造物や彫刻などに用いられている。
また耐火性にも優れ、その軽さから水に浮くものもあると
新島博物館で聞いた。
日本以外ではイタリアのリーパリ島(Lipari、シチリア州)のみが採掘地という。
Kougaseki02
博物館近くにあるコーガ石の石倉
Kougaseki03

Kougaseki04

Kougaseki13
新島本村地区にあるコーガ石建造物

Kougaseki17

Kougaseki18

Kougaseki19

Kougaseki25


|

« まました温泉(新島) | トップページ | コーガ石の建造物、その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーガ石の建造物、その1:

« まました温泉(新島) | トップページ | コーガ石の建造物、その2 »