« 片倉館・千人風呂 | トップページ | 赤湯のワイン »

2013.07.17

赤湯温泉(山形県南陽市)

今も変わらない温もりの温泉浴場
と温泉のパンフレットにもあるように本当に心も体も温まる
赤湯温泉に久々に行ってきた。
どうして湯が赤くないのに赤湯なのかと番台のおじさんに聞けば
よく聞かれると、丁寧に教えてくれる。
(よく見れば温泉のパンフレットにも説明がありましたね)
朝から夜までの営業時間の長さもうれしい限り。
何よりワンコインと体にもお財布にも優しい。
最も古い大湯や丹波湯が平成20年に閉鎖されたのはちとさみしいが。
1307akayu01
夕方入った「あずま湯」
吾妻山が真正面に見えたことから、この名が付けられたという。
1307akayu02
孫と同じ名前の「とわの湯」
朝風呂で利用。こちらは昭和18年にオープンでこの名前。
1307akayu03
各浴場においてあるパンフレット。
裏面は湯めぐりマップで重宝します。

|

« 片倉館・千人風呂 | トップページ | 赤湯のワイン »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤湯温泉(山形県南陽市):

« 片倉館・千人風呂 | トップページ | 赤湯のワイン »