« 蒜山ジャージーソフトクリーム | トップページ | 赤福本店で一服 »

2014.01.15

純米吟醸 炭屋彌兵衛

Sumiya01
昨年のマイベストノベルは有吉佐和子の「出雲の阿国」
(1967年~69年、婦人公論に発表、1969年中央公論社から刊行)
年末年始に出雲から津山を旅する予定を昨年秋に紹介したところ
城巡りの師匠から、この本を紹介され、読み始めたところ
いっきに有吉佐和子の文章に引き込まれてしまった。
歌舞伎のもとになったといわれる阿国の生涯には
昔から関心があったが、小説とはいえこれまでのイメージを
すっかり塗り替えられ、深い読書後の満足感を味わった。
津山は阿国の最後の男で阿国とともに歌舞伎の祖ともいわれる
名古屋山三郎がその城を築く場所をめぐって殺された地で
阿国が出雲へ帰る際に立ち寄った美作(みまさか)の城下町。
小説では奈義も登場しているが、この小説に登場する色々な地の中でも
是非、この美作の地を訪れてみたいと思っていた。
Sumiya02
さて前置きが長くなってしまったが年始に津山を訪れた。
古い山の友人と津山城も歩き、津山を後にする際に手土産に渡されたのが
表題の純米限定酒。この旨さ、コクのある切れの良さに驚いた。
美作は真庭市勝山(出雲街道の宿場町)の辻本店さんが
創業の江戸時代の屋号「炭屋」と
酒造りを始めた3代目「彌兵衛」の名前をいただくトップブランド。
「美作」は古来「うまさけの国」と言われたともいうだけに
「美作」の酒の旨さに感激した。
備中杜氏、辻麻衣子が醸し出す岡山県産の雄町米を全量使用した逸品である。
Kabukizasake
歌舞伎つながりで、こちらは歌舞伎座で売られているお土産の日本酒
中身は白鶴の大吟醸。城巡りの師匠からの頂き物で
本の紹介とあわせ感謝の一献。
Okuni03
阿国の墓も訪ねてみた。
Okuni01

Okuni02

Okuni04
文庫版の深井 国のイラストも悪くないが当初刊行された本の中尾 進の絵もなかなかいい。
Okunisasie01

Okunisasie02

|

« 蒜山ジャージーソフトクリーム | トップページ | 赤福本店で一服 »

呑ん兵衛万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 純米吟醸 炭屋彌兵衛:

« 蒜山ジャージーソフトクリーム | トップページ | 赤福本店で一服 »