« 純米吟醸 炭屋彌兵衛 | トップページ | とらふく ひれ酒(下関酒造) »

2014.01.16

赤福本店で一服

Akafuku01
今年は出雲大社に続き伊勢神宮とダブルの初詣の機会に恵まれた。
混雑を避けるため早朝の参詣としたがそれでもかなりの人出。
お伊勢参りのあとの楽しみは門前のおかげ横丁での散策。
疲れた足をやすめさせてくれ一服も
赤福本店では朝5時からの営業と嬉しい限りだ。
Akafuku02
赤福3個と番茶つきの「お召し上がり・盆」で
しばし裏庭と五十鈴川を眺める。
番茶は三重県産の「伊勢茶」で、古くから種子で繁殖してきた
種類を無農薬で栽培した茶葉を使用、 赤福餅に合う様に
特別にブレンドしたお茶を赤福本店で焙じたものとか。
Akafuku03
「巣燕も覚めゐて四時に竈焚く(すつばめもさめいてよじにかまどたく)」
庭先に山口誓子の句碑。赤福のことを詠まれたもの。


|

« 純米吟醸 炭屋彌兵衛 | トップページ | とらふく ひれ酒(下関酒造) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤福本店で一服:

« 純米吟醸 炭屋彌兵衛 | トップページ | とらふく ひれ酒(下関酒造) »