« 心亭ゆのたに(魚沼市) | トップページ | 一本義・純米吟醸 »

2014.08.08

一本義「伝心・凛」

1pongirin
我が故郷、石川県同様、福井にも旨い酒が数々ある。
特にカッチャマ(勝山)の一本義は若い頃から慣れ親しんだ銘酒だ。
先日、白山室堂で働いた仲間たちが集い金沢でBBQと酒宴の席が
開かれた。本来は石徹白で飲むためと先輩が持参したのがこれ。
急遽バケツに氷を入れしばし冷して呑んでみると
これがさすがの美酒。
下戸の女房までちょい口をつけ旨いなんぞとぬかしやがる。

年間1,000俵しか栽培されない、福井県固有の希少品種酒米「越の雫」を
全量使用した純米大吟醸とあって、おいそれと下戸には
もったいない酒であるが、まあこれで夫婦間のいざこざが
少しでも収まるものなら、しめたものか。
先輩に大感謝です。

枝豆は道の駅 南魚沼「雪あかり」の農産物直売所で購入したもの。
全国屈指の枝豆消費県である新潟の枝豆はさすがに絶品。

|

« 心亭ゆのたに(魚沼市) | トップページ | 一本義・純米吟醸 »

呑ん兵衛万歳」カテゴリの記事

コメント

枝豆美味しそうですね。美味しい肴とお酒は夫婦円満の基。可愛い奥さんにもしっかり呑ませてあげて下さい。

投稿: 退役兵 | 2014.08.12 22:37

退役先輩兵さん、ありがとうございます。
昨日より女房が帰省から戻り、美酒の横取りされる日々がまた始まりました。

投稿: 山ちゃん | 2014.08.14 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一本義「伝心・凛」:

« 心亭ゆのたに(魚沼市) | トップページ | 一本義・純米吟醸 »