« 萬年雪 ふなしぼり純米酒 | トップページ | 吟醸純米・隠岐誉 »

2015.01.08

神々のいるまち美保関

神々のいるまち美保関
「神々のいるまち美保関」とは(社)松江観光協会美保関支部による
HPのタイトルであるが、まさしく出雲に負けず劣らず美保関は神々しいまちである。
そんな美保関を息子と訪れる好機を授かった。
Mihojinjya01
まずは美保神社。
現在の本殿は江戸時代のものではあるが
境内からは古墳時代の勾玉の破片や、雨乞いの儀式などで使用されたと推測される
土馬が発見されている(松江観光協会美保関支部HPより)ことから
その古からの歴史を十分に醸し出しているお社である。
Mihojinjya02
御祭神は、三穂津姫命(みほつひめのみこと)と事代主神(ことしろぬしのかみ)。
三穂津姫命は、大国主神の御后神で
事代主神は大国主神の御子神で「ゑびす様」といえば誰でもご存知。

続いて青石畳通り
Mihonoseki01
美保神社の門前町として、また山陰の海の玄関口として
北前船により栄えた町の面影を残す小さな通りである
Mihonoseki02

Mihonoseki04

Mihonoseki05

Mihonoseki03

Mihonoseki06

Mihonoseki07

そして美保関灯台
Jizouzaki02


地蔵崎の先端にある灯台で明治31年(1898)から海の安全の灯火を発している。
Jizouzaki01

沖の御前、地の御前
Jizouzaki03
地蔵崎の東北約3kmの海中に浮かぶ面積わずか0.26haの小島が
「出雲国風土記」に「等々島(とどしま)」と記されている島で
ゑびす様が鯛釣りをしていたとされる伝説の名所で、現在の釣りのポイントとか。
Jizouzaki04
この島とともに美保神社の飛地境内地とされる「地の御前」が
この鳥居のある場所で、漁師が航海の目的に地蔵像を建てたため、
「地蔵崎」とよばれたとか。
Jizouzaki05_2

Mihonoseki08
隠岐の島へむかうフェリー。行ってみたいなー。

|

« 萬年雪 ふなしぼり純米酒 | トップページ | 吟醸純米・隠岐誉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神々のいるまち美保関:

« 萬年雪 ふなしぼり純米酒 | トップページ | 吟醸純米・隠岐誉 »