« やちむんで御前酒 | トップページ | BE-PAL 4月号付録  野鳥の声 »

2015.03.28

倉持農園のセルリー直売

Celery01
引っ越して朝の運動コースの変更を余儀なくされたものの
時折、前コースの浅間神社にはお参りとお礼に立ち寄ることにしている。
3月になってこの浅間神社の近所の農家に立っている看板が気になっていた。
セルリー(セロリー)直売の案内看板である。
今朝は少し寝坊したおかげで少し遅れての散歩へ。
それがかえって良かったのか、この直売風景に遭遇。
Celery02
3月からの毎土曜日の9時からの直売で、すでに行列ができていた。
浅間神社への参詣を終え、並んでみた。
面白いことに2つの行列があり、予約組と予約なしの行列だ。
並んだのは行列なしのほうだが、予約なしの行列組には
必ずしも全員にいきわたるという保証はないものの
浅間神社のおかげか運よく2株購入できた。
Celery03_2

Celery04
けっこう両脇にかかえて歩くと重いです。
さて倉持農園さんは茨城県坂東市のセロリー農家だが
なぜ江戸川区でとの疑問がわく。
倉持農園さんのHPによるとセロリの神様、伊藤仁太郎さんから
引き継がれた種子と栽培技術でうんぬんとありました。
日本一のセロリ農家と絶賛され伝説のセロリと呼ばれるセロリーを
栽培していた伊藤仁太郎(2009年7月に他界)の伊藤農園が
この上篠崎なんですね。
Celery06

伊藤さんの門下生は全国にたくさんおられるそうですが
茨城県坂東市にはその研修生からなるグループもあるそうです。
Celery05
箱買いの人もおられます。

Celery07

Celery08

Celery09

今年は5月16日(土)が最終販売日だそうです(4月27日追記)

|

« やちむんで御前酒 | トップページ | BE-PAL 4月号付録  野鳥の声 »

食いしん坊万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉持農園のセルリー直売:

« やちむんで御前酒 | トップページ | BE-PAL 4月号付録  野鳥の声 »