« 旧大連航路上屋(門司) | トップページ | 大村寿司と長崎の海の幸 »

2015.05.12

吟醸・誠鏡(広島県竹原市)

Seikyou
北陸や東北の酒に飲み親しんできた人生だが
最近、西の日本酒に目から鱗の体験が多い。
岡山や島根のお酒がその中心だが、今回は広島の竹原市から。
竹原といえばマッサンで注目の酒どころだが
この周辺には西条市など銘酒の産地が多い。
誠鏡の中尾醸造さんのHPによれば
「平安の昔より、京都・下鴨神社の荘園として栄えた竹原は、
広島県瀬戸内海沿岸のほぼ中央に位置し、
広く「安芸の小京都」と称され親しまれています。
海運が盛んだった時代には、「安芸の小灘」ともいわれ、
早くから酒造りが盛んな地でもありました。
江戸時代には15軒、最盛期の大正時代には26軒も
造り酒屋があったという記録が残っています。」とある。
現在広島県酒造組合・広島県酒造協同組合のHPを見ると
竹原地区からは6つの蔵元が掲載されている。
さて中尾醸造さんは吟醸酒醸造が全体の4割を超えるとか。
この1合瓶の吟醸酒もあっという間に消えてしまった。
Michinoeki

町並み保存地区にある酒造用井戸
Takehara

この乳母車、「マッサン」のロケにも出ていましたね。
Takehara02

町並み保存地区にいた猫。猫はあまり好きではないが目と目があってしまった。
Takehara03

|

« 旧大連航路上屋(門司) | トップページ | 大村寿司と長崎の海の幸 »

呑ん兵衛万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吟醸・誠鏡(広島県竹原市):

« 旧大連航路上屋(門司) | トップページ | 大村寿司と長崎の海の幸 »