« 幼稚園の木製椅子 | トップページ | あつみ牛乳 »

2015.06.04

安藤のじゅんさい

1506jyunsai1
じゅんさいを初めて食べたのは東北での旅先であった。
我が故郷では目にしない食べ物ながら、
「けふのうちに とほくへいってしまふわたくしのいもうとよ」
という宮沢賢治の死に直面した妹への心情を綴った詩
「永訣の朝」の一説の中に
「青い蓴菜(じゅんさい)のもようのついた
これらふたつのかけた陶椀に
おまへがたべるあめゆきをとらうとして
わたくしはまがったてっぽうだまのやうに
このくらいみぞれのなかに飛びだした
(あめゆじゅとてちてけんじゃ)」
と出てくるので、初めて食べたときは、あーこれがじゅんさいなのかと
思い入れのある食材。そんなじゅんさいが山の先輩から届いた。
生産量日本一の秋田県三種町のじゅんさいである。
1506jyunsai2


|

« 幼稚園の木製椅子 | トップページ | あつみ牛乳 »

食いしん坊万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安藤のじゅんさい:

« 幼稚園の木製椅子 | トップページ | あつみ牛乳 »