« 千葉酪農農業協同組合のプレーンヨーグルト | トップページ | ダバダ火振 »

2016.04.01

腰古井とイカづくし

Koshigoi01
先日外房への小さな旅で調達した勝浦の地酒です。
蔵元の吉野酒造さんは天保年間創業。
酒名の由来はこの地の「腰越台」の越を古井とあて命名だとか。
仕込水は敷地内から湧き出す軟水で、杜氏は南部杜氏という。
そしてこの腰古井(こしごい)と今宵の宴を演出してくれたのが
北海道産のいか刺と同じ北海道は函館の塩辛、
山の先輩が送ってくれたその名も「飲兵衛 」。
まさにこのブログコーナー「呑ん兵衛万歳」にうってつけ。
それほど塩辛さを感じないので
もちろん腰古井のアテとしてはもとより
ご飯が進む嬉しい名品です。


|

« 千葉酪農農業協同組合のプレーンヨーグルト | トップページ | ダバダ火振 »

呑ん兵衛万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腰古井とイカづくし:

« 千葉酪農農業協同組合のプレーンヨーグルト | トップページ | ダバダ火振 »