« 江戸川区に息づく染色の職人技「涼」 | トップページ | 西アジアの遊牧民の染織 »

2017.03.11

純米大吟醸「秋津」米のささやき

Akitsu01
まず一口、、、、。うまい、、、。
たしかにふくよかな味わい。
もったいなくもあり、ありがたく、そして感謝の一献を頂く。
厳選した兵庫県加東市秋津産の
特A地区山田錦特上米を最新の注意を払い精米
丹精こめて醸造技術の精を尽くした確信の自信作というのは
桐箱入りが示すだけのものではありませんね。
Akitsu03

当ブログ「松の司・純米吟醸あらばしり」で紹介した
wowowさんの「銘酒誕生物語 〜究極の山田錦に迫る〜」(2017年1月)
という番組で一緒に取り上げられていた
兵庫県姫路市網干区高田の株式会社本田商店さん
(代表銘柄「龍力」たつりき)のフラッグシップ。
蔵元のある播州にも訪れてみたいものです。
風土や気候、技術、そして人の縁へとつながる線上に
貴重なお酒を味わいさせて頂きました。
時折、これまでの生きていた中でそれぞれの時間において経験してきた
ばらばらの出来事や経験が一瞬にしてつながることがあります。
このお酒の味わいの中に何か将来、
その何かのつながりを見出す予感すら感じます。
そんな「ささやき」が聞こえた純米大吟醸でした。
Akitsu02

|

« 江戸川区に息づく染色の職人技「涼」 | トップページ | 西アジアの遊牧民の染織 »

呑ん兵衛万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 純米大吟醸「秋津」米のささやき:

« 江戸川区に息づく染色の職人技「涼」 | トップページ | 西アジアの遊牧民の染織 »