« 瓦のまち 菊間 | トップページ | 来島海峡S.A »

2018.01.09

嘉母神社(かもじんじゃ、西条市)のうちぬき

Kamojinjya01_2

以下は西条市のホームページをそのまま飲用(もとい引用)
-----------------------------------------------------------
西条市内には、広範囲に地下水の自噴井があり、
これらは「うちぬき」と呼ばれており、その数は約3,000本といわれております。
その昔、人力により鉄棒を地面に打ち込み、その中へくり抜いた竹を入れ、
自噴する水(地下水)を確保しました。
この工法は、江戸時代の中頃から昭和20年頃まで受け継がれてきました。
「うちぬき」の名の由来です。
現在は、鉄パイプの先端を加工し、根元に孔を開けたものを
コンプレッサーによるエアーハンマーを使用して、
地下水層まで打ち込み、地下水を取水しています。
「うちぬき」の一日の自噴量は約9万m3におよび、
四季を通じて温度変化の少ない水は生活用水、農業用水、工業用水に
広く利用されています。
この「うちぬき」は、名水百選に選定されています。
-----------------------------------------------------------
この数あるうちぬきの中から嘉母神社を訪ねてみました。
言葉はいりません。飲んでみてください。

Kamojinjya02

Kamojinjya03

Kamojinjya04

Kamojinjya05

Kamojinjya06

Kamojinjya07
神社そばの加茂川


|

« 瓦のまち 菊間 | トップページ | 来島海峡S.A »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嘉母神社(かもじんじゃ、西条市)のうちぬき:

« 瓦のまち 菊間 | トップページ | 来島海峡S.A »