« 「月のキレイな夜に」とフエルトコースター「フォレスト」 | トップページ | 農口尚彦研究所・本醸造無濾過生原酒 »

2018.01.27

カキと森と長靴と

あまりテレビは見ないほうですが久々にいい番組を見ました。
番組の展開、音楽、構成すべてが映画のようでもあり
人にもすすめたい番組です。
ETV特集「カキと森と長靴と」
この1月20日の放送で私自身は25日の再放送でした。
NHKでは”プロフェッショナル 仕事の流儀”
アンコール「カキ養殖・畠山重篤」などでも
これまで畠山さんのことは取り上げられていましたが
今回の番組は特に秀逸でした。
お孫さんとのやりとり、最高です。理想の関係ですね。

番組の中身もさることながら一番のお気に入りは長靴です。
今回の番組では様々な長靴が登場しました。
冒頭から畠山さんが長靴を履くシーンです。
冒頭と最後の場面で登場していたのが弘進ゴムさんのムレノン。
お孫さんたちが履いていた赤い長靴も
弘進ゴムさんのザクタス Z-01でしょうか?
たしか横の線は長さ調整のためのカットできる位置で
私も昔この白色を愛用していました。
耐油底であることも優れものの証しです。
私もこの赤のザクタス、ポチッ!てしまいそうで怖いです。

長靴をめぐる同じETV特集の番組では
「菅原文太・長靴の旅~もう一つの日本は可能か」
もたいへん印象に残る番組でしたが
今回の番組に登場した数々の長靴にはホント嬉しくなりました。
Nagagutu01
長靴大好き人間の私の現在のラインナップです。
下駄箱スペースが少ないことや
あまり履かない長靴をそんなにどないすんの?
というつれあいの小言もあり肩身がせまい愛品たちです。

左からプロックス(PROX)さんのPプルーフウェダーブーツラジアルソール
釣り用ですが折りたためるので家出カーの常備品としています。
台湾製

その隣が私の長靴では古参となりました
バーバリアン チーフテン(BARBARIAN CHIEFTAIN)
多少の経年劣化はありますが特殊配合コンパウンドによる
ラバーの表面保護効果が効いています。
これも弘進ゴムさんの製品群の一つで現在は中国で生産されているようですが
購入したときはmade in Japanでした(裏に刻印有り)。

右から2番目は長靴と呼んでいいのかは微妙ですが
愛品たちの中では新参者のTevaボルミオ リップストップ(BORMIO RIPSTOP)
先日の雪でようやく威力を発揮してくれましたが
手持ち無沙汰で可愛そうです。軽量で歩きやすく重宝します。
ベトナム製

一番右手がホームセンターで購入したビーンタイプ。
この手の製品は現在ワークマンで良品が見られ
購入を迷っていますが、、、、(=_=;)

他にもアシックスさんのトレイルマスター(TRAIL MASTER )
TR-006 CAMELを所有していますが、こちらは埼玉の娘の家にデポ中。

またかつては三馬の黒の長靴も愛用していましたが
つれあいの厳しい断捨離に見舞われ下駄箱から消えました。

現在私が住んでいる東京はなかなか長靴が活躍できる場面はありません。
(その昔勤務先の丸の内の事務所に雪の日に自慢げに三馬の長靴を
履いて行き、どや顔で長靴自慢できたときは至極の幸せでした)
寂しい限りですが先日のような雪の日にはこの愛品たちが
いきいきと輝いてくれます。

現在もホームセンターの長靴売り場やワークマンさんのような
ガッテン系の専門店の巡回が好きです。
釣り具ショップにあるスパイク付きにも物欲が傾きかけそうになります。


|

« 「月のキレイな夜に」とフエルトコースター「フォレスト」 | トップページ | 農口尚彦研究所・本醸造無濾過生原酒 »

グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カキと森と長靴と:

« 「月のキレイな夜に」とフエルトコースター「フォレスト」 | トップページ | 農口尚彦研究所・本醸造無濾過生原酒 »