« 休暇村南淡路 | トップページ | 三崎港フェリーターミナル前で揚げたてを »

2019.01.11

佐田岬

Sadamisaki01
鹿児島の大隅半島にあるのは佐多岬(さたみさき)で
こちらは「さだみさき」です。
愛媛県佐田岬半島先端にある四国最西端の岬で
石を投げたら届く?(わけない)ほど九州は目の鼻の先にあります。
前々から訪れてみたいと思っていた憧れの岬でした。
岬のある佐田岬半島(三崎半島)は中央構造線(日本最大の断層)に沿う形で
どうしてこんなところに原発があるんだろう(伊方原発)?との
想いも、この地への旅の動機でもありました。
半島の稜線上には風力発電が並んでいるように
自然を活かす立地条件としては原発より風力発電の好適地であることが
訪れてみて再確認できました。

さて本題の岬に戻しましょう。
佐田岬灯台への駐車場(ここまでも八幡浜からはかなりあります。
半島を走るバスが三崎町まで通じたのも1960年代で
国道197号も現在のように整備されるまでは「イクナ酷道」といわれたとか)
まではフェリーターミナルからも結構あります(道も細いです)。
灯台までこの断崖に面した駐車場から1.8kmと案内がありました。
距離から推察しほぼ20分と思いましたが戻ってきた若い男性に
聞いてみると結構きついとのこと。
たしかに上り下りもあり途中の展望台にも立ち寄りながらだと
30分以上はかかりました。
しかし憧れの地はやはり最高でした(ロケーション独り占め)。
もちろん灯台の先の御籠島にも渡り
本土決戦などに備えられた旧日本陸軍の砲台跡も見学。
Sadamisaki02

Sadamisaki08

Sadamisaki04

Sadamisaki06

Sadamisaki07

灯台近くにはキャンプ場もあり幕営して星空なども眺めてみたいものと
妄想が膨らみました。
灯台沖は海上交通の難所でもあり海難事故の碑も散見されました。

|

« 休暇村南淡路 | トップページ | 三崎港フェリーターミナル前で揚げたてを »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐田岬:

« 休暇村南淡路 | トップページ | 三崎港フェリーターミナル前で揚げたてを »