« 地本の水芭蕉と「どっこん水」 | トップページ | つきみが丘町民センター(会津柳津) »

2020.03.27

塩の湯温泉(胎内市)

Tainaishionoyu01

今回の旅の希望の一つに関川の共同浴場(上関)で久々に
という目論見があったもののあえなく断念。
2003sekikawa

その代打に選んだのが表題の温泉。
訪れた時間帯がちょうど夕陽を眺めるには好機で
ばっちし湯舟から日本海の夕陽が拝めました。
泉質は関川とはまったく異質な
ナトリウム-塩化物・強塩泉(弱アルカリ性高張高温泉)の
真っ黒い温泉。
Tainaishionoyu02

Tainaishionoyu03

上関共同浴場は無色透明の
ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉(低張性中性高温泉)。
名前の通りしょっぱいで、独特の臭気もあります。
濃厚な泉質に身も心も温められました。
長時間入浴はさけ
湯あたりには注意したほうがいいかもです。
Tainaishionoyu04

|

« 地本の水芭蕉と「どっこん水」 | トップページ | つきみが丘町民センター(会津柳津) »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地本の水芭蕉と「どっこん水」 | トップページ | つきみが丘町民センター(会津柳津) »