« 寿がきやさんの袋めん(本店の味・醤油味) | トップページ | 小国のマタギジドリ »

2020.10.07

赤城 にらがわうどん

Niragawaudon02

厳選された国内産小麦粉使用した
例幣使街道、太田宿の赤城食品(太田市台之郷)の乾麺うどんです。
京都から中山道を、倉賀野(現高崎市)、太田、佐野、富田、
栃木、合戦場、金崎をと下り、日光西街道と合流する
楡木(にれぎ、鹿沼市)を経て日光に至る街道が
例幣使街道(日光例幣使街道)。

天皇の代理として、朝廷から神への毎年のささげものの例幣を納めに
派遣される勅使の例幣使は、中山道とこの例幣使街道を経て
日光に向かい、東照宮にささげものを納め、
江戸にまわって将軍に対面したのち京都へ帰ることになっていたそうです。
Niragawaudon01

現在の太田市はSUBARUのお膝元、企業城下町の工業都市ですが
小麦の産地の一つであもります。
群馬県は、気候条件を活かし水田の裏作として小麦栽培が盛んで
生産量は全国第4位と全国有数の産地です(2016年)。
うどんの名店も多いそうですね。

 

|

« 寿がきやさんの袋めん(本店の味・醤油味) | トップページ | 小国のマタギジドリ »

文化麺類学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寿がきやさんの袋めん(本店の味・醤油味) | トップページ | 小国のマタギジドリ »