« 頭脳パンとホワイトサンド | トップページ | 横綱一番 瀬戸内レモン味 »

2020.11.26

仲屋の利休饅頭(浜田)

Rikyumanjyu
車の長旅の休憩時用にと購入。
これが想像以上に美味しく調べてみると
北海道産の高級小豆と小麦粉、それに黒砂糖を惜しげもなく使い
一つ一つ丹念に作られた浜田の名物という。
名前の由来は千利休→古田織部正重然公→その親族の初代浜田城主 古田公家
→仲屋の家祖治右衛門へと伝えられ、現代まで6代にわたって
受け継がれています。とありましたね(浜田市観光協会のサイトより引用)。
おやおや、ちょうど今回の旅の目的が浜田城だったので
その初代城主つながりですか。
しかも大好きな織部焼にもつながります。
ちなみに「利休饅頭」は各地にあるそうですね。
浜田市の仲屋さんは山の先輩のお店にも近く
また浜田を訪れなくてはならない理由の一つが増えてしまいました。

|

« 頭脳パンとホワイトサンド | トップページ | 横綱一番 瀬戸内レモン味 »

旅行・地域」カテゴリの記事

食いしん坊万歳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頭脳パンとホワイトサンド | トップページ | 横綱一番 瀬戸内レモン味 »