« 堅豆腐トーストで朝食 | トップページ | 手打ちうどん「名玄」(岡山市) »

2020.12.27

仁岸湯(江戸川区中央)

Nigishiyu01

数日早朝から夜までの仕事が続いたので
めどがついたところでリフレッシュを兼ねて銭湯へ。
前々から気にかかっていた初めての仁岸湯さんです。
Nigishiyu02

銭湯はマンションに組み込まれており
湯舟の天井などが気になりましたが
意外と高く2階部分にはサウナや冷水風呂もありました。
加えてこのマンションの住人の皆さんは
銭湯が無料で利用できるのかなーとも
想像したりしながらゆっくりさせていただきました。
井戸水を沸かしていて、人工炭酸泉が人気だそうですが
一番のお気に入りは中島盛夫さんのペンキ絵
ほれぼれする赤富士です。
開業は昭和35(1960)年で現在は創業者のお孫さんが
引き継ぐ若い感覚もあふれている銭湯ですが
な、なんと創業者は石川県の出身というではありませんか。
仁岸湯という名前も輪島(旧鳳至郡門前町)の仁岸川からきているそうです。
嬉しくなります。
仁岸川は大伴家持も歌に詠んでますね。
「妹に逢はず 久しくなりぬ 饒石河(にぎしがわ、仁岸川)
清き瀬ごとに 水占はへてな」
妻に逢わないまま久しい時が流れているが
妻の無事を、饒石川の清らかな瀬ごとに水占いをしてみよう。
という意味らしいが歌碑もあるそうですね。
今度輪島に行ったら琴ヶ浜に立ち寄らなければなりませんね。
Nigishiyu03

 

Nigishiyu04

|

« 堅豆腐トーストで朝食 | トップページ | 手打ちうどん「名玄」(岡山市) »

銭湯」カテゴリの記事

コメント

一年間ご苦労様。銭湯はよかったね、もともと石川、新潟の方が
多い職業ですよね。来年も楽しみにしてるよ。

投稿: 追杉 | 2020.12.29 08:50

支店長!コメントありがとうございました。当ブログへお越しいただきありがとうございました。不定期ではありますが来年もご愛読ください。

投稿: 山ちゃん本人 | 2020.12.30 05:52

この記事へのコメントは終了しました。

« 堅豆腐トーストで朝食 | トップページ | 手打ちうどん「名玄」(岡山市) »