« 周防大島の厳島神社 | トップページ | 懐かしくも美味しい芋菓子(芋けんぴ) »

2021.01.07

周防大島の村上水軍史跡をミニベロ散策

Murakamisuigun01

昨年1月上旬、世の中がコロナで大騒ぎしだす直前
村上水軍の能島城址を訪れた。
その絡みで読んだ「村上海賊の娘」(和田竜、2014年本屋大賞)
は昨年読んだ本の中ではトップクラスの面白かった作品である。
その後も村上海賊への興味は細々と続いていたが
今回の周防大島を巡る行き当たりばっ旅では
思いがけない村上水軍の史跡巡りが実現。

屋代島(周防大島)は「村上海賊の娘」の主人公・景(きょう)の実父の
村上武吉(能島村上氏の当主であり村上水軍の総大将)が晩年を過ごしたという。
今回、星野哲郎記念館を出て国道をミニベルこいでる途中で、
自然と案内看板に導かれ村上家墓所ある正岩寺へと。
Syouganji

その後も筏(いかだ)八幡宮を参拝。
Ikadahachiman01

Ikadahachiman02

ここには星野哲郎の「なみだ船」の歌碑もありましたが
筏八幡宮は星野哲郎の本家とか。
Hoshino03_20210105153101

今回は数か所のみの史跡めぐりとなりましたが
残る村上水軍関連もまた尋ねたいものです。

 

 

|

« 周防大島の厳島神社 | トップページ | 懐かしくも美味しい芋菓子(芋けんぴ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 周防大島の厳島神社 | トップページ | 懐かしくも美味しい芋菓子(芋けんぴ) »