手づくり

2022.04.13

コンブの成長力にびっくり!

1月に短く裁断した種糸をロープに結わえて約3か月
こんなに大きく生育しました。収穫です。
1月の種糸
Taneito2

4月の収穫
Chikurakonbu2022040906

3月の状況はこんな感じでした。

 

 

| | コメント (0)

2021.08.26

唐辛子は上を目指す

20210823naitoutougarashi

6月18日に苗を植えた内藤とうがらしですが
ようやく色づき収穫時期を模索しているところです。
それにしても唐辛子を育てたのは初めてです。
まさか上に向かって実がなるとは思いもしませんでした。
枝豆などのようにてっきりぶら下がってなるものだと、、、。
上昇志向が強いのですね、唐辛子は。
唐辛子といえばキムチに必需品ですが、
この唐辛子を韓国に伝えたのが秀吉の朝鮮出兵時(加藤清正が)
と聞いたことがあります。
今回、唐辛子の上昇志向を初めて知りましたが
秀吉との共通点ですかね?


6月18日プランターに植えてみました。
20210618naitoutougarashi_20210824144001

7月7日白い花が咲きました(写真は7月12日の様子)。
20210712naitoutougarashi

7月20日の様子
20210720naitoutougarashi

 

| | コメント (0)

2010.02.16

手箕(てみ)

Temi01
宮城県登米市米山町にある道の駅「米山」の
ふる里センターY・Yの産直・加工品オーナーで購入。
箕(み)とか手箕(てみ)と呼ばれる竹製のざる。
一般的な手箕よりも小ぶりだが、大きさを少しずつ
たがえた5点セットで販売されていた。
きめ細やかな手作りと、その値段(税込み1000円)に感激。
なかなかしっかりしたつくりでさっそく愛用。
生産者は長江 諭さんと記してありました。
Temi02
しかし米の山の町とは、さすがに宮城米「ササニシキ、ひとめぼれ」の
県内有数の穀倉地帯。こちらにも感服。
Okubo1002
あの「大久保のかりんとう」も売られていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.04

伊右衛門手ぬぐいでMacBookのバッグ

Macbookc_8
伊右衛門手ぬぐいでMacBookのバッグ
12インチのiBookにはユニクロで購入したコーデュラの
バッグがぴったしで重宝していたものの、13インチの横長MacBookには
なかなかこれといったバッグが見つかりませんでした。
和風でいいのってないですねー、しかも手ごろな値段となると。
一方、お気に入りの伊右衛門の手ぬぐいを使った何かが長い間の
課題でありましたが、ひょんなことから伊右衛門の手拭いを
2つ折りにしてみるとちょうどMacBookの寸法になることを発見!
作ってみました。
自作、伊右衛門手拭いによるMacBookのブリーフケースです。
まず伊右衛門の手拭いを2つ用意します。
半分に折った伊右衛門手拭いに百円ショップで買ったフエルトを挟み
ミシンを入れます。これを2つ用意して、これを左右開きでファスナーで
つなげば出来上がりです(全て百円ショップで手に入り予算も2百円か
3百円程度です)。男の手作りのミシンがけですから縫い目もがたがたですが
おおっ!寸法もぴったしで伊右衛門とMacBookのすばらしきコラボです。

Mbookc_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.29

スケジュール帳

Skafter
いよいよ年の瀬。となれば、新しい手帳やダイアリー、スケジュール帳の準備となります。
長年、「無印良品」のファイル形式のスケジュール帳を愛用しておりますが、
どうも不満でならなかったのがシンプルな半面、安っぽく、実用オンリーで、
しっくり感に欠けていたこと。
本革のカバーのスケジュール帳は高いし、
和風でなんかいいのないかなーと毎年思案しておりましたが、
今回ついに自作してみました。
百円ショップで買った和風のハンカチ(もちろんタオルでもいいですし、
伊右衛門のタオルも検討してみましたが)を鋏でチョキチョキ。
これを木工ボンド(水性ビニルエマルジョン系というやつ)でぴったんこ。
おおっー!我ながら思ったよりいい出来になりました。
理想のスケジュール帳です。これで来年は福も来るぞ!!


Skbefore
自作の装丁前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.03

「江戸一」手ぬぐいで自作ブックカバー&コースター

「江戸一」手ぬぐいで自作ブックカバー&コースター
edo1b

我ながら余程気に入ったのでしょう!
再び行ってきました。浅草「はんてんや」さんへ。
はい、目的は例の江戸一の手拭いです。
前に御紹介した自作ブックカバーをまた作ってみました。
ちょうど江戸一の手ぬぐい1枚からは文庫本版のブックカバーが2枚、
ハンカチが1枚、コースターが数枚分作れます。
写真のコースターも手作りです。ミシン目蛇行していますが (^_^;)
織部のぐい飲み(瀬戸市で購入しました)ともよく合っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.27

「江戸一」手ぬぐいで自作ブックカバー

「江戸一」手ぬぐいで自作ブックカバー
bc02
先に「iPod用ケース」で紹介しました浅草の「半纏屋(はんてんや)」さん。
http://www.hantenya.com/html/company.html
また行ってきました。今回は手ぬぐいの購入。
ここでは「江戸一」の手ぬぐいがたいへん豊富。
今回のお気に入りはこの「江戸一」の手ぬぐい(400円なり)です。
もちろん手ぬぐいとしてもいいのですが、ちょうどiPod用のケースとして
購入したものと、同じデザインの手ぬぐいがありましたので
これでオリジナルのブックカバーを作ってみました。
iPodケースとお揃いのブックカバーの仕上がりです。
これが我ながらたいへん「お気に入り」です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)