クッキング

2021.02.02

房州鮑の炊き込みご飯

Awabi02

道の駅ちくら潮風王国で購入した東安房漁協さんが販売する
房州あわび おつまみ缶(水煮)で炊き込みご飯を作ってみました。
飯が進み、この飯をつまみに飲みたくなりました。
スライスされており楽ちん。また千倉に行かなければなりません。
Awabi01

 

| | コメント (0)

2021.01.25

周防大島にはいい味噌がありました-大島みそ

Ohshimamiso01

金魚の形をした周防大島を描いた真ん中にミカン
ミカン鍋という度肝を抜かれるような名物がある地だけに
まさかミカン入りの味噌?ではと一瞬疑いましたが
杞憂も杞憂、まっとうな無添加、国産の麦を使用した麦味噌でした。
Ohshimamiso03

みそ樽で昔ながら製法を代々受け継ぐ秘伝の手作り生みそ。
醸造用アルコールなども一切使用されていない塩分少な目の
甘味と香りが特徴のお気に入りとなりました。
Ohshimamiso02

| | コメント (0)

2020.12.17

菩提酛篇・第3回 菩提もと×貴醸酒(御前酒)

Kijyousyu
好天が続いたことに加えコロナ禍で飲食店への影響が
続いているせいか冬もの野菜が安い。
安いことは一見ありがたいようであるが
安すぎるのも生産者のことを考えると安易に喜べない。
なにはともわれ買うことと、一玉百円以下の白菜をまるごと。
白菜の浅漬けもいいし
鍋物野菜にも王道
加えていただきもののきくらげと中華風にあんかけ炒め野菜とした。
あわせた名酒は御前酒さんの意欲的な雄町3部作シリーズ
菩提酛篇の第3回 菩提もと×貴醸酒
菩提酛純米酒をベースに菩提酛純米酒を仕込むという
唯一無二の貴醸酒とは???
単なるフルーティーな味わいとはまた異なる
古風な旨みのお酒でした。
魚は干した鰊を軽くあぶってわずかな醤油をかけました。

| | コメント (0)

2020.11.29

おぬしは誰に睨まれているのか(御前酒 デーモンラベル)

Demon
しばらくこの時期では考えられないような温暖な気候が続いていましたが
週末を迎えようやく平年並みの気温に。
好天が続いたせいか冬野菜が安く、大好きな冬大根を一本。
野菜は元気な兄ちゃんが頑張っている
近所の八百屋をいつもひいきにしています。
この大根、どんな風に使おうか?サンマに大根おろし、
いや豚バラと久々に圧力鍋で煮込んでみようか等と、
呑兵衛の妄想を膨らませながら今度はスーパーへ。
モツが1kg、手頃な価格で特売となっており
大根とモツの煮込みを圧力鍋でに決定へ。
(調理中換気扇をフル稼働させましたが2階まで
家じゅうがモツの旨そうな匂いで充満)
寒空にはもつ煮込みと熱燗ですねー。
米・米麹など原料米はすべて岡山県産
(雄町米100%使用/精米歩合65%)の純米原酒の燗酒です。
冷でもいけます。
このデーモンの表情、どうも一升瓶を横に置いておくと
連れ合いに飲みすぎを睨まれているように見えてなりませんが。
あらためて見る鬼の顔、やはり似ています。

| | コメント (0)

2020.11.03

「糀の世界」山崎糀屋(津川)

Yamazakikouji01

井上陽水のアルバム「氷の世界」(1973年)に収録されている
代表作品「氷の世界」がふと思い出された、ここは「糀の世界」。
140年以上前にイザベラ・バードが旅した痕跡を辿りたいという知人に随行し
取材を終え、夕暮れ時に立ち寄った津川(新潟県阿賀町)で
立ち寄った糀屋さんです。
いきなり店内のいい匂いと雰囲気に感動していると
店の奥から女将が登場。ちょうど甘酒を作っていたところと
出来立ての甘酒で歓迎を受けました。
自ら講演にも向かうという女将(手と顔の肌が実年齢を聞いてびっくら)の
話に一同感銘を受けてすっかり「糀の世界」の虜になりました。
Yamazakikouji03

購入してきたのは山崎糀屋オリジナルの黄色い糀「生黄糀」
袋の裏側にこの生黄糀を使った甘酒や糀水の作り方が
紹介されていますが山崎糀屋さんの
ホームページでもレシピが紹介されています。
作るのが面倒だったらこの生黄糀を一日大匙一杯食べるだけでも
健康にいいよといわれ、まず帰ってそのまま食べてみました。
お米にうっすら花が咲いたような生黄糀の甘さが口の中に広がりました。
Yamazakikouji02

その通りでした。

 

| | コメント (0)

2020.10.23

生姜あられ(七福堂)

7fukudou

大一製菓さんの三色せんべいに続く滋賀県の駄菓子紹介です。
近江米「滋賀羽二重糯(もち)」に滋賀県産の生姜が使われている
七福堂製菓さん(東近江市五個荘)のロングセラー商品です。
ずいぶん前に近江商人ゆかりの地「五個荘」(ごかしょう)を散策したことを
思い出す、嬉しい駄菓子です。
滋賀羽二重糯はもち米の中でも特に粘りが強く、こしがあり
きめ細やかな餅がつけるとある通り、
このあられもその特性がよく表れています。

 

| | コメント (0)

2020.10.18

天然輪島ふぐ唐揚げ丼セットを名代富士そばの全店舗でスタート!

Fujisobafugu03

9月26日付けの北國新聞に「輪島ふぐ 首都圏進出」
という新聞記事を、奥さんが輪島出身の山仲間が送ってくれた。
その報道にあった10月16日という日付を手帳にしっかり書きとどめ
行ってきました近所の「名代富士そば」さん。
Fujisobafugu04

Fujisobafugu01

Fujisobafugu06

Fujisobafugu05

ちなみにこの日は昼間に美川はあら与さんの
ふぐの粕漬とふぐの子の粕漬が届きました。
嬉しいふく(福)の連鎖です。
202010arayo

 

| | コメント (0)

2020.05.04

業務スーパーの薄揚げを使っていなり寿司を作ってみました

Inari01

最近富に人気が出ていて、お目当ての商品が午前中には
無くなっていたりすることも多い神戸物産さんのFCですが
(株価もここ1年で倍以上に)
いつも必ず購入している格安の薄上げ(5枚入り)を使って
いなり寿司を作ってみました。
まずは半分に切って、熱湯で湯ぬき
だし汁、みりんがなかったので日本酒、砂糖、醤油で煮込みます。
Inari02

白ごまを混ぜたすし飯を準備して
Inari03

すし飯を詰め込んだら完成。結構すし飯は入りますので
食べ応えのあるお稲荷さんが出来上がりました。
Inari04

我ながら上出来でしたのでこどもの日には弟子達に
ふるまってみたいと思います。

金沢に住んでいたころはスーパー「ニュー三久」さんの
総菜のいなり寿司が好物でした。

| | コメント (0)

2020.04.30

炊飯器でバナナケーキを作ってみました

20200429cake08
コロナ禍で蟄居幽閉巣ごもり状況が続く中
炊飯器でケーキが作れるとの情報をもとに
さっそくトライしてみました。
準備したのはこれだけ
20200429cake01
まずはバナナ3本をすりつぶしていきます。
20200429cake02
20200429cake03
けっこうバナナはボールの中で滑るので
少しホットケーキミックスを入れてすりつぶす作業を
行うとやりやすかったです。
20200429cake04
牛乳、玉子、グラニュー糖も投入
20200429cake05
クルミも入れてみました
20200429cake06
早炊きで出来上がり
20200429cake07

| | コメント (0)

2020.04.12

ほったらかし炊飯

Messtin06

新型コロナウィルス騒動の影響で外出自粛の中
少しでもストレスを解消するために
自宅でキャンプ、車中泊の旅の
趣味レーション(もといシュミレーション)の機会が増えています。
先のブログでも紹介したメスティンもどきや
アルミ弁当箱を使ったほったらかし炊飯がその一つ。
(冒頭の写真はアルミ弁当で炊いたご飯、1合半)
Messtincook04

ほったらかし炊飯時にいなばのカレー缶詰を上に乗せ
ついでに缶もあっためました。
このいなばのカレーシリーズ、本場タイで作られた
本格的なチキングリーンカレーとココナッツミルク仕立ての
バターチキンカレーで量が手ごろで食べ比べに適しています。
Greencurry

Greencurry2

Chickenbuttercurry

Chickenbuttercurry2

次はホテイフーズの焼き鳥シリーズ
Messtincook02

宇宙食にもなったという製品は期間限定だそうです。
こちらはメスティンもどきで炊飯
Messtincook03

最後はタケノコご飯、少し出汁醤油も加えました。
(アルミ弁当箱でほったらかし炊飯)
Messtincook01

 

 

| | コメント (0)