呑ん兵衛万歳

2020.07.02

麦とホップ・東北限定版2020

Mugihoptohoku2020
2017年にも当ブログでも紹介しました
東北6県で数量限定の製品ですが、前回と同じ白川のイオンで購入。
今回は宮城、山形、福島、新潟を駆け足で回ってきましたが
やっぱ東北っていいなー、、、。
ホップは東北産の「リトルスター」と「信州早生」の2種類を
あわせて50%以上使用しているそうです。
特に「信州早生」はサッポロビールの前身の
大日本麦酒時代に育種したホップで
百年超の歴史のある品種だそうです。
仙台の工場にもいつか見学に行ってみたいものです。

| | コメント (0)

2020.05.24

PREMIUM NOUVEAU(農口尚彦研究所)

Premiumnouveau01
しぼりたての新酒ですがハレの日用にと
大事にとっておいた季節限定商品の一本をついに開封。
爽やかな酸味とキレが、
少し汗ばむ陽気となった休日の宴によく合います。
コロナ禍のもと外出自粛が続き自宅内での飲食が
せめてもの楽しみのこの頃、
日本海のお酒は干しホタルイカや白イカの粕漬など
日本海の幸とも絶妙な取り合わせです。
Premiumnouveau03
新型コロナウィルスの新規感染者数も3、2と
緊急事態宣言の解除に向けてカウントダウンが始まる中
日本海への旅の想いが募るばかりで浮足立ちます。
Premiumnouveau02

 

| | コメント (0)

2020.05.09

御前酒まつりと酒粕

Matsurisake2020
4月下旬に予定されていた今年の御前酒まつりはあいにくの中止
変わりに山の先輩がまつり酒と辻本店さんの酒粕を届けてくれた。
雄町米を使った無濾過原酒はもとより
この酒粕がまた逸品
新型コロナウィルス感染症の広がりで
免疫力を高める食品が脚光を浴びていますが
まさに栄養の塊りである酒粕はそのスーパーフード
おかげ様で毎日かす汁で免疫力アップ!!!
サラダは初めてのスイスチャード(不断草)。


 

| | コメント (0)

2020.04.14

御前酒・純米雄町「美作」

Jyunmaiomachimimasaka202004
当ブログでもだいぶ前に登場しました御前酒・純米雄町「美作」ですが
令和元年度の広島国税局清酒鑑評会「燗酒」部門にて優等賞を受賞ということで
4月とはいえ奥出雲や軽井沢、河口湖で降雪という寒さに見舞われた日の
晩酌にさっそく燗酒を楽しまさせていただきました。
身も心も温まる旨さです。
切り干し大根の煮物とご近所から頂いた新玉ねぎの天ぷらで。
コロナ問題で鬱屈した気持ちも癒されます。

| | コメント (0)

2020.04.02

御前酒・アキヒカリ50純米吟醸無濾過生酒

Akihikari01

道の駅「尾瀬街道みしま宿」で調達したふき味噌と
「会津西街道道の駅たじま」で購入した浅葱(あさつき)で一献。
しぼりたて生原酒の旨みが春の幸の苦みや辛味で
一段と引き立てられました。
コロナウィルス問題の影響で味わう辛さ苦さも
美酒によって緩和されることを願いつつ。
Akihikari02

 

| | コメント (0)

2020.03.02

たれくち生原酒とフキノトウ

Tarekuchi


今年は暖冬で例年より桜の開花も相当に早くなるとの予報が流れる中、
ご近所から春の到来を告げるフキノトウをいただいた。
さっそく天ぷらに。
あわせたお酒は今年のお正月に訪れた従妹が住む
京都府城陽市の地酒。いつも城陽市内を車で走るたびに
看板が気にかかっていた城陽酒造さんの代表酒。
帰り際に従妹がちゃんと用意してくれていました。
もろみを搾ったままの無濾過生原酒で
心地よいフキノトウの苦みに柔らかな旨味の
お酒がベストマッチでした。

| | コメント (0)

2020.02.18

冬のにごり酒(一本義)

Fuyunigori01

地元福井の酒米「越の雫」と酒造用水稲うるち米による
雪景色を連想させるようなにごり(火入れ)。
あいにく勝山や大野あたりも今年は暖冬で風景が
例年とは異なるようだが、
(お隣り白峰では雪だるま祭りも雪不足で中止とか)
いつもの雪模様を想い一献また一献。
五郎島金時のサラダによく合いました。

 

| | コメント (0)

2020.02.07

カールスバーグの木箱

Carlsberg01

昨年夏頃からはまっているオマケがカールスバーグの木箱
Amazon.co.jp限定のストックケース付缶ビールですが
中身はもとより、この軽い桐箱は家出カーの備品入れに重宝しています。
重ねてもずれないように裏面に細工
Carlsberg02

汚れ防止などを兼ね水性ニス透明ニス塗装をしておりますが
そのままでも取っ手もあり便利な木箱です。
カールスバーグといえば香港に住んでいたころ
広東語で「カシバ」(嘉士伯)と呼ばれ、最も飲んでいたお気に入りのビール。
山歩きからの帰りは必ずこの「カシバ」で打ち上げでした。

 

| | コメント (0)

2020.02.04

宗玄「純酔無垢」と焚火キャンプ

Sougenmuku
暖冬とは言え寒い時期ですが2週連続で焚火キャンプへ。
前週の暖房用飲料は「農口・冬の燗酒」でしたが
今回も同じ石川県から能登の宗玄さんの
特別純米「純酔無垢」をチョイス。
ぬる燗と焚火ストーブというぜいたくな空間と時間を
過ごさせていただきました。

| | コメント (0)

2020.01.14

まる田と子持ちししゃも

Maruta01

夕張の小西酒造さんは明治11(1878)年札幌にて開業し
明治33 (1900)年から現在地で酒造りに勤しむ老舗ですが
「まる田」は地元酒米及び麹を使用した特別純米酒。
札幌の知人から手土産に頂戴致しました。
わたくしの夕張感といえば映画「幸福の黄色いハンカチ」が
すぐに思い出されますが、
この映画ももう公開から40年以上経っているのですね。
かたや北海道産の本物の柳葉魚(ししゃも)は
札幌の知人の先輩でもあられる城廻りの師匠から。
佐藤水産の北海道食いしん坊セットの一つですが
今年の旅の一つの前哨戦の一献となりました。
Maruta02

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧