文化麺類学

2021.05.09

名護曲(名護市)

Nagomagari01

辺戸岬の帰りに夕食と渋滞回避を兼ねて。
国道沿いで立ち寄りやすく人気の食堂です。
メニューの数がすごいです。200種以上あるそうです。
Nagomagari03

Nagomagari02jpg

Nagomagari04

山羊の血イリチャー等のおどろおどろしいメニューや
ヒートゥー(イルカ)や県魚グルクンなど
ヤマトンチュには目がきょろきょろしそうなメニューも散見されますが
無難にソーキそばを。
Nagomagari05

 

| | コメント (0)

2021.05.06

サバカレーうどん

Subacurry01

時折ふと無性に食べたくなるのがカレーうどん
千葉県銚子市の信田缶詰さんのサバカレーと
石丸製麺さんの半生うどんでランチにサバカレーうどんを
いただきました。
鯖とカレーの組み合わせに??と多少不安もありましたが
未知の世界の美味しさを発見しました。
Subacurry02

 

| | コメント (0)

2021.05.03

讃岐・石丸の半生うどん

Ishimaru01

本場のコシのあるもっちり太麺がひと箱到着。
かけにざるにと楽しみです。
お昼はほぼ99%、うどんやそば、ラーメンの麺類を
常食としておりますが、まだ夜の冷え込みも残り
この日は夕食にいただきました。
とろろ昆布や小松菜、かき揚げまでトッピングして
おうちセルフのてんこ盛りです。
高松の石丸製麺さん(1904年、明治37年創業)は
工場見学(「讃岐うどんミュージアム」があるそうな)も
可能のようなので香川に行った際は訪れてみたいものです。
Ishimaru02

 

| | コメント (0)

2021.05.01

寒晒しそば(卯月製麺)

Kanzarashi02

昨年の初夏から晩夏にかけ、当ブログでは数々のそばやうどんの
食べ記録を綴ってきました。
このところ朝晩はまだ冷えますが、日中は汗ばむ陽気の時もあり
そろそろ冷たい麺類が食べたくなる季節が巡ってきたので
今年もスタートします。まずは表題のそばからです。
卯月製麺さんの乾麺は昨年も当ブログでも紹介しましたが
今回は厳冬の山形がようやく迎える春の美味、季節限定の人気商品です。
山形県庄内浜産の藻塩付きで
一箸目は、何も付けずに寒晒しそばの香りを味わってください。
二箸目は、少量の藻塩で、アクのないそばの美味しさをお試しください。
三箸目からは、大根おろしや長ねぎ、山葵など、
定番の薬味で心ゆくまでご堪能ください。
とありました。
Kanzarashi01

この寒晒しそばを届けていただいた"平成の伊能忠敬"とも
称される蕎麦好きの偉人の近著と。
また旨い蕎麦には銘酒ですが、御前酒まつり酒と蕎麦をいただきました。
今年のまつり酒は菩提酛無濾過1回火入れ。

 

 

| | コメント (0)

2021.04.29

雲仙きのこ本舗の養々麺

Youyoumen02

城巡りの師匠のお気に入りからのおすそわけです。
まるでカップラーメンのようにお湯を注いで3分の
即席にゅうめんで、誕生以来20年のロングセラーだそうです。
国産小麦粉と長崎県崎戸の磯塩、雲仙山麓の名水が使われ
北海道産昆布と鹿児島県枕崎産鰹節に醤油で味を調えた本格和風出汁
雲仙きのこ本舗さん自身の栽培きのこ具材と、
京都の老舗「一休堂」の七味唐辛子が添えられていました。
Youyoumen01

築地仲卸、伏高さんの熊本産乾燥きくらげと小松菜をトッピング
香港の山や大陸への旅を共にした亡き山仲間(黒竜江省出身)が
きくらげ好きだったことを思い出します。
熊本産きくらげは無味無臭の中国産と異なり風味があります。
Fushitakakikurage

 

| | コメント (0)

2021.04.25

チキンとタイカレーでシンガポールヌードル

Singaporenoodle01

いなば食品さんのイエロー(本場タイのココナッツミルクカレー)缶で
シンガポールヌードルをランチに作ってみました。
Singaporenoodle02

香港在住時代、山歩きのあと立ち寄るタイ食堂で選ぶ
定番メニューでした。
本来もっと野菜もたくさん入れ、小エビ等も入るのがいいのですが
手っ取り早く缶詰のみで作りビールをグイっとです。
利用したビーフンは創業百年の歴史を誇る老舗
曽家家伝の名品という台湾の新竹米粉「ブッダ」です。
Shinchikubefun

 

| | コメント (0)

2021.04.21

今日もÇa va?

Cavaolive01

今日の昼飯は黄色のサヴァ缶と五島うどんをあわせてみました。
椿油が練り込まれた五島うどんはゆであがりがパールのように輝き
そこにオリーブオイルにしっかり漬け込まれたサバが何とも言えない
ハーモニーを生み出します。
Cavaolive02

Cavaolive03

このあとサバをほぐして混ぜ混ぜ
絶品に仕上がりました。
Cavaolive04

今回の五島うどん(長崎ご出身の方からのいただきもの)。
Gotouudon01

Gotouudon02

| | コメント (0)

2021.03.30

国道沿線外に名店有り・小国の福龍軒

Fukuryutei01

国道や主要幹線道路沿いのラーメン店は
地の利があるのは当然。
しかし車だとナビに頼らなければたどりつけないような
沿線外でも味一筋にこだわる名店は全国各地にあります。
ラーメン大国の山形県の小国(おぐに)町、
白い森の国にある福龍亭さんも
味で勝負の隠れた名店の一つです。
やまがた地鶏おぐにラーメン
自慢の小国育ちの山形地鶏をベースにした大将のこだわりメニュー。
スープはもちろん赤みを帯びたやまがた地鶏のチャーシューも問答無用!です。
ちなみに小国駅から近いので電車で小国を訪れる人にはいいかもです。
Fukuryutei02

 

| | コメント (0)

2021.03.11

SUGAKIYA和風とんこつ袋麺

Sugakiyatonkotsu2

昨年10月に醤油味を紹介しました
すがきやさんのインスタントラーメンですが
金沢の先輩からこれが一番お店の味に近いのかなと送っていただき
さっそくお昼にいただきました。
ベーコンは上田の信州ハムさんの「つるし燻りベーコン」

Shinsyubacon
上田に行く度に工場の近くを走り気になっていたメーカーさんですが
近所のスーパーが改装オープンし特売で手に入りました。
ベーコンとスガキヤのとんこつスープがよく合います。
もやしも大好きな大豆もやし。好物3役そろい踏みの昼食となりました。
ベーコンはJames Deanの好物ということで
そのことも昔からず-っと頭の中にあることです。
彼の映画では「エデンの東」で農家の次男でありながら
大豆の先物で利益を得るといったシーンが印象に残っています。
第一次世界大戦前から米国に穀物の先物市場があったことにも
驚きました(江戸時代からある我が国の堂島の
コメの先物市場は知っていましたが)。
原作のジョン・スタインベックの作品は「二十日鼠と人間」を皮切りに
多くの作品を中学から高校にかけて読んだものです。

Sugakiyatonkotsu1

| | コメント (0)

2021.01.09

年越しそばは出石そば

Izushisoba02

当ブログでも紹介しました出石皿そばですが
左京さんで購入しておいたそばを今回の年越しそばと致しました。
揚げは白峰のあげを使用。
なかなか日付をまたぐ時間帯まで起きていられないので
本当は毎年「年越したそば」なんですが、、、。
Izushisoba01

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧