旅行・地域

2020.09.24

名川チェリーセンター

Nagawacherrycenter01
「新鮮でおいしい野菜をより安く」をモットーに
「名川チェリーセンター101人会」の皆さんが運営する直売所に
八戸から九戸城址へ向かう道すがら立ち寄りました。
青い森鉄道と並行して走るこの街道沿いは
農産物直売所がいたるところにあり
南部町という町名同様に興奮してしまいます。
名川(ながわ)はさくらんぼの名産地だそうですが
さくらんぼの季節が終わり
葡萄やリンゴ、梨などが豊富な季節に。
Nagawacherrycenter02
茄子にピーマンにみょうがにミニトマト、プルーン
野菜・果物以外にも南部せんべいやいわしけずり
お昼のお弁当用の赤飯なども購入。
Nagawacherrycenter04
大きな小豆の赤飯とおにぎり
Nagawacherrycenter03
Nagawacherrycenter05
地名は現存しませんが四戸さんの手作り赤飯、嬉しいですね。
Nagawacherrycenter08
東京近郊では今年はみょうがが高値ですが
大きなみょうがににんまりです。
Nagawacherrycenter07
袋入りはこれまでも見かけたことがありますが
このような座布団のような大きなパッケージは初めて。
まだ手が出ませんでした(食べず嫌いかも?)。
Nagawacherrycenter06
好物の煎餅もありました。
帰路ぽりぽりやりながらです。

| | コメント (0)

2020.09.23

ゆめ牛乳(おおのミルク村)

Yumemilk

一戸、二戸、、、、八戸、九戸と今回の旅は
へ(戸)を巡る旅となりましたが
この「戸」というのは平安時代後期の奥州藤原時代に、
現在の青森県東部から岩手県北部にかけて糠部(ぬかのぶ)郡が置かれ
そのなかを9つの地区に分けたときに、付けられた地名とか
南部藩が馬の牧場に割り振ったた番号が由来などといわれています。
一戸(いちのへ)町:岩手県
二戸(にのへ)市:岩手県
三戸(さんのへ)町:青森県
五戸(ごのへ)町:青森県
六戸(ろくのへ)町:青森県
七戸(しちのへ)町:青森県
八戸(はちのへ)市:青森県
九戸(くのへ)村、郡:岩手県
四戸(しのへ)は現存しませんが苗字としては残っていますね。
さて表題の牛乳は九戸城址探訪のあと
二戸郡一戸町のジョイス一戸店さんで購入。
九戸郡洋野町大野の株式会社おおのミルク工房さんの牛乳です。
帰路の長旅でのどを潤してくれました。
美味しいですよ。

Yumemilk2

パッケージデザインもお気に入りです。

| | コメント (0)

2020.09.22

十割そばの大梵字

Daibonji03

鶴岡へ向かう道すがら昼食に選びました。
道の駅「月山」の月山あさひ博物村にある蕎麦処で
ここ朝日地域産そば粉100%使用
冬に降った雪を利用した雪蔵で保存したそば粉の手打ち十割そばです。
この道の駅を通過するたびに気にかかっていましたが
今回はちょうどいいタイミングで立ち寄れました。
Daibonji05

三人もりを注文しました
Daibonji04

Daibonji06

Daibonji07

| | コメント (0)

2020.08.18

アッタ坂の清水

Attazaka
山形県小国町から福島との県境、飯豊町飯豊トンネルをぬけ
福島県喜多方市山都へ下る道すがら一時の冷涼を頂きました。
山都町の寒晒し蕎麦にも使われている清水だとか。
いやはやありがたい清水との出会いでした。
ペットボトルに4リットルほど頂いてきたので
しばらく珈琲用の水として重宝します。

 

| | コメント (0)

2020.07.21

越前そば(乾麺)

Echizensoba02 当ブログでは何度か登場している越前蕎麦ですが
初めて乾麺を購入。
昭和14年創業の友吉製粉製麺(坂井市)さんの製品で
おろしそばでなくざるそばで頂きました。
Echizensoba01 先日、ヨーロッパ軒総本店を訪れた際に近くで見つけた蕎麦やさん
次回訪れてみたいと思っています。
Sanoya

 

| | コメント (0)

2020.07.20

ヨーロッパ軒総本店

Europeken01
福井に来たらおろしそばかソースカツ丼か
いつも頭を悩ませますが(2つセットで出すお店もあるそうな)
今回は有名店の本店(片町通り)まで足を運び
こんなご時世ですからテイクアウトを選択。
待つ間も駐車場の利用コインを頂けるのでありがたいです。
Europeken02
ウスターソースがおいしくテイクアウトでも
名物ならではの美味しさを堪能させていただきました。

| | コメント (0)

2020.07.08

千葉の道の駅にヤマロクさんの木桶

Hakkouichiba01
6月下旬の東京新聞「首都圏おもしろランキング・特色ある道の駅」
という記事に全国の発酵食品を揃えるという道の駅
「発酵の里こうざき」(千葉県香取郡神崎町松崎)が紹介されていたので、
さっそく立ち寄ってみました。
一番の発見はこの木桶です。
Hakkouichiba02
よく見るとだいぶ薄くなっていますが、どこかで見たような。
なーんだ小豆島はヤマロク醤油さんの木桶じゃないですか。
木桶にこだわるヤマロクさん
2017年に訪れたときに見たあの木桶と同じです。
Yamaroku04

| | コメント (0)

2020.06.29

小百合様、あなたと一緒にうーめんを食べたかった

Umen01
コロナ禍による県を跨いでの自粛が解禁となり
城廻りの師匠との最初の登城に選んだのが宮城県の白石城
その昼食はもちろん名物の白石うーめん
「奥州街道うーめん番所」さんを偶然チョイスしたのですが
ここはJR東日本さんのCMで
吉永小百合さんがうーめんを食したお店でした。
ウエルカムドリンクは古代米甘酒
Umen02

師匠は冷し葛粉うーめん
Umen04

小生は冷たい山菜うーめん
Umen03

 

Umen05

Umen07

Umen06

パイロットさんのCM『手紙を書きたくなる歌』篇
もお気に入りです(うーめん広告同様電通さん制作)。

 

| | コメント (0)

2020.04.01

旧喰丸小学校

Kuimaru07

昨年の東京新聞11月7日付けの夕刊に紹介された記事を読み
是非訪れてみたいと思っていた廃校の木造校舎です。
こちらも久々の昭和村でした。
スライドショーでこちらからどうぞ。

喰丸小学校を舞台にした映画「ハーメルン」(2013年)
いい作品です。

Hameln

| | コメント (0)

2020.03.29

スーパーマーケット「かねか」(柳津店)

Kaneka01

道の駅柳津から進路を三島方面へ取ろうと走り出した瞬間
上記の写真の看板に目が留まりました。
「朝7時30分より販売中!」???
すぐにUターンしてお店を表敬訪問。
Kaneka02

「人が好き 自然が好き 奥会津が好き」
同じくです。
Kaneka03

お目当てのお弁当を1つ購入。
Kaneka04

Kaneka05

Kaneka06

こちらも購入。
共に信じられない価格の美味しさあふれる手作り弁当でした。
柳津に行くならここです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧