旅行・地域

2021.05.13

道の駅いとまん・3

Osakana01

最も興奮したのが「糸満漁業組合お魚センター」

ウニをトッピングしたホタテ、痛風まっしぐらになりそう。
Osakana02

Osakana03

Osakana04

Osakana05

玉子が載った「うなぎ飯」初めて見ました。
Osakana06

Osakana07

Osakana10

この汁物にも惹かれましたが
Kaisenjiru

ここで初めてのマグロのから揚げとポーク玉子おにぎりを購入し
Kaisenbentou01

Osakana08

Osakana09

ここで食べました。マグロから揚げ最高っす!
Osakana12

食いしん坊には天国でした。
Osakana11

 

| | コメント (0)

2021.05.12

道の駅いとまん・2

JA直売所「ファーマーズマーケット・いとまん」で購入したおやつです。
まずは揚げ団子。もちもち感がたまらなくいいです。
Agedango02

Agedango01

Agedango03

つづいてサーターアンダーギードラゴン
Sataandagidragon3

Sataandagidragon1

Sataandagidragon2

Sataandagidragon4

名前通りドラゴンフルーツのサータアンダギーです。

道の駅構内で気になった張り紙。

Poster1

Poster2

 

 

| | コメント (0)

2021.05.11

道の駅いとまん・1

Itomanumanchu01

日本最南端の道の駅だそうですが
わくわく感が止まらない嬉しい道の駅です。
JA直売所「ファーマーズマーケット・いとまん」
地元のお土産物がそろう「糸満市物産センター遊食来(ゆくら)」、
沖縄有数の漁港の町の「糸満漁業組合お魚センター」
観光案内所「情報センター」など、どこもどれも
いいねボタン連発でした。
まずは契約農家数千人超えというファーマーズマーケット


Itomanumanchu02

沖縄県産パインのボゴール種を「ポコットパイン」と名付けたそうです。


Itomanumanchu03

カニステル、蟹捨てる?
蟹を捨てるほどこちらが美味しいんでしょうか?
初めてみた果物です。


Itomanumanchu04

歯の治療中のためこちらはトライしませんでした。


Itomanumanchu05

パッションフルーツ、香港で食べたような?


Itomanumanchu06

こんな風に売られているラードは初めて見ました。


Itomanumanchu07

紅芋チップ


Itomanumanchu08

Itomanumanchu09

ヨモギ入りというのもあるのですね。

 

| | コメント (0)

2021.05.10

ポークたまごおにぎり

Porktamago02

沖縄らしさが満載のおにぎりというより、形はサンドイッチのような
ヴォリューム感たっぷりの嬉しくなるおにぎりです。
Porktamago01

そっか、あの缶詰はこのように使われているのかと納得です。
道の駅いとまんの「糸満漁業組合お魚センター」で購入。
Porktamago03

スーパーでは三角タイプも売られていました。
Porktamago04

 

| | コメント (0)

2021.05.09

名護曲(名護市)

Nagomagari01

辺戸岬の帰りに夕食と渋滞回避を兼ねて。
国道沿いで立ち寄りやすく人気の食堂です。
メニューの数がすごいです。200種以上あるそうです。
Nagomagari03

Nagomagari02jpg

Nagomagari04

山羊の血イリチャー等のおどろおどろしいメニューや
ヒートゥー(イルカ)や県魚グルクンなど
ヤマトンチュには目がきょろきょろしそうなメニューも散見されますが
無難にソーキそばを。
Nagomagari05

 

| | コメント (0)

2021.05.08

オリオンビール三昧

Orionsouthernstarkuro
郷に入りては・・・の通りオリオンビールにどっぷりと。
まずは新ジャンル・サザンスター「刺激の黒」
しかし度数4度ではちと酔いが回りませんね。
マグロの太巻き、カンパチのにぎり、島豆腐のやっこで。
醤油は大分臼杵のフジシンさんですが
本当は前にも紹介した刺身醤油がほしかったのですが
あいにく入手できず。
Orionsouthernstarao
続いて同じく新ジャンル・サザンスター「超スッキリの青」
度数5%はいいのですがインパクトがもう少し欲しいところ。
チャーシュー丼と。
Oriondraft
オリオン・ザ・ドラフト
だんだんといい感じになってきました。
伊江島産大麦とやんばるの水
いいねー。首里城帰りに、お疲れさーん。
Orion75
ちょっと贅沢してクラフトビールの75BEER
しばしオリオン・ビールとの別れの一本!

| | コメント (0)

2021.05.05

鹿骨鹿島神社(江戸川区鹿骨)

Shishihone01

鹿島神宮を参拝した際、境内の鹿園の前にあった看板解説
Kashimajingu06b

ヘー!?そうだったの。鹿骨鹿島神社はご近所で
ただよくもしらずに何度か訪れていましたが
鹿島神宮参詣の翌朝、散歩に選んでみました。
Shishihone02

Shishihone03

Shishihone04

Shishihone05

 

 

 

| | コメント (0)

2021.05.02

鹿島神宮・楼門のオブジェ

Kashimajingu01

30年ほど前でしょうか?
近所の剣士一家と参拝して以来の鹿島入りとなりました。
昔の印象が微かにしか残っていませんでしたが
やはり2011もここに大きな傷跡を残していたようで
もともとは御影石で作られていた大鳥居が倒壊し
今は境内にあった御神木で作られた木製の大鳥居になっていました。

Kashimajinguroumon01

また帰り際にふと気が付いた「日本三大楼門」の一つに数えら
徳川光圀の父・頼房が寄進した国の重要文化財の楼門のオブジェ
なかなか面白い、まるで現代アートかなと帰って調べてみました。
Kashimajingu16

Kashimajingu15

杉の御神木の倒木を利用して2012年に設置されたオブジェで、
太陽と月と稲妻をあらわした作品名「神威顕現」でした。
小さーく見える赤い丸が太陽=天照大神、
左の金色の丸は月=月読尊(つくよみのみこと)を表す。
そうです。
Kashimajingu14

天迦久神(鹿の神)のおみくじ。中吉でした。

| | コメント (0)

2021.04.14

御衣黄が見ごろです

20210408a

ソメイヨシノの季節が過ぎ八重桜が季節を謳歌していますが
毎年、同じころ楽しみにしている桜がこの御衣黄(ぎょいこう)です。
貴族の衣服「御衣」の萌黄色(もえぎいろ)を連想させる
色や楚々とした風合いを名前の由来としていますが
江戸川区では雷公園や篠崎公園で、この気品のある花を楽しめます。
黄緑色の花びらですが、開花後次第に赤い筋が広がっていく
移り変わりも日々の散歩の中での楽しみです。
20210330

今年3月末、まだ赤みがありません。
散り際にはかなり赤くなります。
20190425b

2019年4月25日の御衣黄

 

| | コメント (0)

2021.04.12

南房総とくじら

Minamibousoukujira01

南房総市和田町は日本に四カ所ある捕鯨基地の町です。
(他は北海道網走・宮城県鮎川・和歌山県太地)
ここにある道の駅「和田浦ワオ!」には鯨に関するいろんなものが
展示あるいは販売されていますが
お目当てにしていた入館無料の「鯨資料館」は
コロナの影響であいにくの休館。
道の駅に置かれていた資料などで我慢となりました。
「南房総とくじら」はこの地域と鯨の歴史(年表)が
簡単に学べます。
Minamibousoukujira04

「全国の鯨と食文化」にある鯨料理には
千葉の「鯨のタレ」や能登の「イデモン」ほか
全国の鯨料理が紹介されています。
「宮本常一とクジラ」(小松正之)にも同じように全国の
くじら料理が紹介されていましたね。
Minamibousoukujira05

缶詰は道の駅「潮風大国」(千倉)で購入した歯鯨(ツチクジラ)赤肉味付
Minamibousoukujira02

Minamibousoukujira03

製造は銚子の信田缶詰、販売はくじらのたれ等の老舗「ハクダイ食品」(千倉)
道の駅「和田浦ワオ!」では全国種々の鯨肉缶が販売されています。
Wadashironagasu

道の駅和田浦WA・O!のシロナガスクジラの骨格標本前にて
Minamibousoukujira06

若いころ耽読した故ニコルさんの「勇魚」
7月11日まで黒姫童話館で「C.Wニコル追悼展「森の祈り」」
~日本を愛し、自然を愛した人生の軌跡~
と題した追悼展が開催されているそうなので行きたいと思っています。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧