温泉

2020.07.30

矢木温泉(下諏訪温泉)

Yagionsen202007
諏訪湖周辺の温泉は岡谷(ロマネット)や
下諏訪、上諏訪の温泉をいくつか長年利用させていただいている。
たくさんあるので今回雨の中、初入浴となったのが
国道20号沿いの表題の町民温泉。
神経痛・筋肉痛・関節痛・高血圧症にいいとか。
駐車場も広く佇まいが嬉しいです。

| | コメント (0)

2020.07.22

粟津温泉総湯

202007awadu01
中学生の時に亡き親父たちと来て以来だろうか?
しかも数年前に新しくなったときいている。
この街には高校の同級生も多く一昨年は同級生の同窓会も
開催された地(あいにく参加できず)。
202007awadu02
湯舟で聞く地元の言葉に嬉しくなりました。


202007awadu03

| | コメント (0)

2020.03.30

八町温泉共同浴場「亀の湯」(会津金山町)

Kamenoyu03

Kamenoyu01

24時間入れる混浴湯で特に泉質がお気に入りです。
前回ずいぶん前に訪れたときは雪が周囲にまだかなりある時期でしたが
今回は3月とはいえ夏タイヤでやってきました。
雨の日の朝風呂です。
ちょうど女性の方がお帰りになったあとで
そのあとは貸し切り状態でした。
以前より倍にはなりましたがそれでも200円
ありがたいです。
Kamenoyu02

| | コメント (0)

2020.03.28

つきみが丘町民センター(会津柳津)

Tsukimigaoka01

新潟で今回久しぶりに隊長(香港での山歩き時代の鬼隊長)の
ご自宅を訪問(息子や娘を含め家族全員がお世話になりました)。
数年ぶりの再会の時間(隊長と奥様を交えての会話)はあっという間に。
新潟から進路を会津に取り、今宵の湯に選んだのが表題の温泉。
柳津もかなり久々の訪問になりました。
(糸カボチャやそうめん南瓜、金糸瓜と呼ばれる
ものを人生初めて食したのがこの柳津でした)
このつきみが丘町民センターの浴場は21時まで
利用できることもありがたいです。
赤べこにも久々の対面となりました。
Tsukimigaoka02

| | コメント (0)

2020.03.27

塩の湯温泉(胎内市)

Tainaishionoyu01

今回の旅の希望の一つに関川の共同浴場(上関)で久々に
という目論見があったもののあえなく断念。
2003sekikawa

その代打に選んだのが表題の温泉。
訪れた時間帯がちょうど夕陽を眺めるには好機で
ばっちし湯舟から日本海の夕陽が拝めました。
泉質は関川とはまったく異質な
ナトリウム-塩化物・強塩泉(弱アルカリ性高張高温泉)の
真っ黒い温泉。
Tainaishionoyu02

Tainaishionoyu03

上関共同浴場は無色透明の
ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉(低張性中性高温泉)。
名前の通りしょっぱいで、独特の臭気もあります。
濃厚な泉質に身も心も温められました。
長時間入浴はさけ
湯あたりには注意したほうがいいかもです。
Tainaishionoyu04

| | コメント (0)

2020.03.23

おいたま温泉「賜の湯」

Oitama01


コロナウィルス問題で不要不急の外出は控えるようにとの
ムードが蔓延する中、関西方面への城廻りの旅は延期となり
んじゃ久々に東北の温泉に行きたいとの気持ちの高揚に
東北道を北上してみました。
いつもならまずは山形の赤湯温泉を旅の皮切りとしてきましたが
今回は東北中央道の無料区間を初めて利用して
同じく道の駅「米沢」を初訪問の形。
その朝風呂として選んでみたのが朝5時半からの営業の当湯です。
瓶入り牛乳を揃えていただいていることも高評価です。
次回は併設のごはん屋「ロハス」で
米沢牛すじ肉を使ったカレーや砂風呂も利用してみたいものです。
Oitama02
地下1,200mから沸き出でる温泉で
便秘、胃腸虚弱の体質に良いとか。

| | コメント (0)

2019.05.18

浜脇温泉(別府)

Hamawakionsen
孫弟子No.4との初めての山歩き「坊がつる」周遊を終え
今回の九州の旅最後の湯に選んだのが
別府の市営温泉「浜脇温泉」。
同じ住所に「湯都ピア浜脇」というのがありますので
(こちらは入浴料は5倍強)
間違えないようにしなくてはなりません。
鉄輪と並び別府温泉発祥の地と呼ばれ
浜から温泉が湧き出る様子から「浜わき」の地名が生まれ
名前の由来となったとのことです。
佐賀関のフェリー乗り場へ移動する前に入浴しましたが
営業時間は深夜1時までオッケーだそうです。

| | コメント (0)

2019.05.17

筋湯温泉「うたせ湯」

Sujiyu 今回の九州の旅の目的の一つは「坊がつる」でしたが
当初お天気がよくなく、
では晴れるまで温泉や城、石橋巡りをと作戦を立てました。
天候回復の兆しに坊がつるへの拠点、長者原への移動の前に選んだのが
九重町の筋湯温泉。10連休中とあって混んでいました。
白壁造りの共同浴場「うたせ大浴場」です。
その名の通り約2mの高さから落ちる湯が
「日本一のうたせ湯」として「筋湯」という名の由来となったと聞きます。
私は腰にしっかり打ってきました。

 

| | コメント (0)

2019.05.16

筌の口共同浴場

Ukenokuchionsen
孫弟子No.4との温泉道中、3番目は九重の筌の口温泉
ここの共同浴場がまたいいんです。
金色のにごり湯で飲泉もしてきましたがまさに名湯、名泉です。
ここも清掃時間を除けば24時間入浴可能とか。
建物がまた風情たっぷりでした。
川端康成も小説「波千鳥」の構想のため逗留したといいます。
九重“夢”大吊橋の近くにありますが
吊橋よりも孫弟子との夢実現はこちらの方が
嬉しさたっぷりでした。

| | コメント (0)

2019.05.15

はげの湯温泉「くぬぎ湯」

Kunugiyu01
孫弟子との朝一番の会話は
今日はどこの温泉に行くの?とプレッシャーから始まります。
5人の愛弟子の中ではもっともアウトドア色が濃く
親の心配もどこ吹く風で約1週間付き合ってくれました。
その珍道中の旅の温泉2つ目は私が前から憧れていた
阿蘇の小国町 はげの湯温泉 くぬぎ湯
お湯はもちろん(24時間家族風呂で自分で湯船にお湯をはります)
魅力は入浴すれば地獄蒸しの釜を使って自炊が可能なことです。
(20年ほど前に鉄輪温泉の自炊宿でも体験して以来の地獄蒸し)
Kunugiyu02

Kunugiyu05
当然の温泉玉子ほか野菜蒸し(ジャガイモやサツマイモ、
人参、これが予想以上に美味でした)
鶏肉や崎陽軒のシューマイ、などなどでお腹いっぱーいです。
温泉プラス地獄蒸し自炊の魅力はたまりません!
Kunugiyu04

Kunugiyu03

| | コメント (0)

より以前の記事一覧